医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

窒息2頸部圧迫による死のメカニズム~法医学

窒息は弱者に対する殺人で

最も多いそうです。

今回は窒息の1つの

頸部圧迫による死亡のメカニズムについて学習します。

 

窒息とは

定義

窒息とは酸素の受け取り、あるいは利用に問題があり、

細胞レベルで障害が生じています。

肺に酸素がいかずに、障害が起きたことです。

 

窒息は先に述べたとおりの

殺人のみで起きるわけではありません。

事故でも起きていますし、

普通の医師も診断で書くことがあります。

分類

窒息は以下の3つに分類されます。

  • Suffocation(該当する日本語はない)
  • Strangulation(頸部圧迫)
  • Chemical asphyxia(化学窒息)

前回はsuffocationを学びました。

今回は頸部圧迫について学びます。

頸部圧迫

頸部圧迫はsuffocationとは違います。

それは、頸部圧迫は

気道の閉塞だけでなく血管閉塞も伴う

特徴があります。

圧迫される血管としては、

  • 頸動脈
  • 椎骨動脈

があります。

 

頸部圧迫による死のメカニズム

頸部圧迫による死のメカニズムには

  • 気道閉塞
  • 血管閉塞

の2つがあるといわれています。

気道閉塞

舌根太咽頭間の閉塞に依ります。

つまり、のどの奥の方が閉塞して起こります。

気管部分(首の部分)は、軟骨があるので、

気道閉塞にはつながりません。

首を絞めることにより、気道閉塞で死ぬことは珍しいです。

血管閉塞

頸動脈は3.5-7kgの圧迫で閉塞し、

椎骨動脈も13-17kgで閉塞すると言われています。

頸動脈が両側とも閉塞すれば、すぐに意識は失われ、

死に至ることが多いとされています。

 

血管閉塞による溢血

頸静脈は2kgの力でも閉塞されます。

静脈が閉塞されると、

頸より上に血液がたまってしまいます。

そうなると、末梢の血管から血があふれ出て、

内出血を起こします。

 

そのため、頸部が圧迫された場合には、

結膜などに溢血が見られます。

他にも、眼球や口腔粘膜にて溢血が見られます。

まとめ

今回は頸部圧迫による死のメカニズムについて書きました。

次回は頸部圧迫そのものについて見ていきます。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ