医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

乳児の急死~うつぶせ寝は危険!禁酒!喫煙!~乳幼児突然死症候群

今回は乳児の急死について学習します。

 

事前知識

まずは、学習を進めるうえでの事前知識を学びます。

突然死

突然死の定義はあいまいだったりします。

症状発症から死亡までが24時間以内と定める人が多いですが、

瞬間死を突然死という人もいます。

乳児の死亡原因

大体、毎年2000人の乳児がなくなっています。

その死亡原因は以下の通りです。

  1. 33%先天性奇形・染色体異常
  2. 15%周産期特異的な呼吸障害
  3. 6%乳児突然死症候群

第3位の乳児突然死症候群が突然死の一つです。

上の二つは、妊娠・出産段階での死因となります。

(上位二つはもはや命の営みであり、防ぐのは困難)

今回はその乳児突然死亡症候群を学びます。

 

乳幼児突然死症候群

原因不明!?

乳児の予期せぬ突然死、

大部分のケースで

原因が不明なのです。

この原因不明の死をまとめて、

乳幼児突然死症候群SIDSといいます。

定義

乳幼児突然死症候群SIDSは以下のように定められています。

「それまでの健康状態及び既往歴から、その死は予測できず、しかも、死亡状況及び剖検からは原因が不明。1歳未満の乳幼児に突然死をもたらす症候群」

特徴

乳児突然死症候群の特徴は

  • 乳児の睡眠中に起こる(あやしているうちに急死という事はほとんどない)
  • 大きな病気の既往はない(健康そうだったのに...数日前から風邪症状があることも)
  • 生後1-4ヶ月に多い
  • 解剖しても死因は原因不明

このような特徴があります。

 

危険因子

この乳児突然死症候群の確率を上げてしまう

危険因子としては

  • 低出生胎児
  • 短い在胎日数
  • うつぶせ寝
  • 高温環境
  • 母体の貧困・喫煙・薬物乱用(飲酒)
  • 人工ミルク

が挙げられています。

  • うつぶせ寝はなるべくさせる
  • 養育者たちは禁煙する
  • できるだけ母乳で育てる

事が大切となります。

うつぶせ寝はなぜ悪い?

うつぶせ寝がなぜ悪いかという事について、

理由は諸説あるそうです。

理由としては主に、

  • 鼻腔部閉塞
  • うつ熱
  • 再呼吸

が挙げられます。

鼻腔部閉塞

乳児は鼻呼吸しかしません。

うつぶせになると、鼻がつぶれて、

気道が閉塞してしまい、

急死を招いてしまうという説です。

(ただ、うつぶせでも、鼻は完全には潰れないという反論もある)

うつ熱

顔面は乳児にとって重要な放熱部位とした

考え方です。

乳児突然死症候群は高体温がリスクファクターとなります。

うつ伏せになって、顔が地面につくことで、

放熱がうまくできなくなるという説です。

再呼吸

うつぶせの状態で呼吸すると、

一度吐き出した息をまた吸い込むような形になると思います。

すると、同じような空気を、

何度もすってはいてをすることになります。

そのため、CO2濃度が上がってしまいます。

それで乳児突然死症候群が起きてしまうという説です。

まとめ

今回は乳幼児突然死症候群について

学習しました。

とりあえず、うつぶせ寝は防いだり、

禁煙するなど、

できる限りで乳幼児突然死症候群を防ぐようにしましょう。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ