医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

「白い航跡」医学の進歩を学ぶ~脚気・慈恵医科大学・高木兼寛~受験生必読

今回は本の紹介です。

白い航跡

新装版 白い航跡(上) (講談社文庫)新装版 白い航跡(下) (講談社文庫)

上下2巻です。

(表紙2冊を併せて船の絵ができます。)

 

あらすじ

薩摩藩の軍医として戊辰戦役に従軍した高木兼寛は、西洋医術を学んだ医師たちが傷病兵たちの肉を切り開き弾丸を取り出す姿を見聞し、自らの無力さを痛感すると同時に、まばゆい別世界にあこがれる。やがて海軍に入った兼寛は海外留学生としてイギリスに派遣され、抜群の成績で最新の医学を修め帰国した。

Amazonより

 下

海軍軍医総監に登りつめた高木兼寛は、海軍・陸軍軍人の病死原因として最大問題であった脚気予防に取り組む。兼寛の唱える「食物原因説」は、陸軍軍医部の中心である森林太郎(鴎外)の「細菌原因説」と真っ向から対決した。脚気の予防法を確立し、東京慈恵会医科大学を創立した男の生涯を描く歴史ロマン。

Amazonより 

慈恵医科大学・高木兼寛

受験生は読もう!

慈恵のプライド

この本の主人公は慈恵医科大学の創立者の

高木兼寛です。

慈恵医科大学を受験する受験生は、

この本を読んでもよいかもしれません。

「慈恵医科大学のプライド」があるとすれば、

それの期限が分かるかもしれません。

イギリスに留学・ドイツとの対立

若干のネタバレになりますが、

高木は「イギリス」に留学しました。

高木は海軍軍医でした。

当時(明治時代)の海軍といえば

イギリスでした。

だから高木はイギリスに留学したのです。

(高木が海軍にはいる経緯なども本に書かれていて面白い)

 

ただ、当時の「医学」といえば、

ドイツです。

一昔前までは、医学内容は

ドイツ語で書かれたりもしていました。

「白い航跡」にも出てくる

「森鴎外」森林太郎はドイツに留学しています。

森鴎外の所属する陸軍、東京大学医学部は

ドイツ式の医学をとりいれています。

 

ドイツ式の医学とイギリス式の医学が

対立する様子も描かれています。

慈恵医科大学受験生へ

高木は

貧しい人にも医学を提供すること

のために病院を作りました。

ここには高木がイギリスに留学したため

人道主義・博愛主義が高木にあったと考えられます。

(当時はお金持ちが医療を受けられれば良いと思われていた)

 

また、高木は、

「実際に起きている時汁の統計」で

革新的な発見をしました。

これはすごいことだと思います。

(すごさは本を読めば伝わる)

高木兼寛の偉大さには慈恵の先生は誇りを持たれているのではないでしょうか?

(その大学にいれば刷り込まれます)

その凄さをこの本で一度確かめていましょう。

 

うまく伝えきれなくて申し訳ないのですが、

慈恵大学受験する人はぜひ読みましょう!

 

新装版 白い航跡(上) (講談社文庫)

新装版 白い航跡(上) (講談社文庫)

 
新装版 白い航跡(下) (講談社文庫)

新装版 白い航跡(下) (講談社文庫)

 
にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ