医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

思考抑制の逆説/レプチン(脳科学的ダイエット)

朝バナナダイエット

 

世間を見てみれば・・・・

「糖質をとらない糖質ダイエット」

「毎日バナナだけたべるバナナダイエット」

「このシャツを着れば痩せる!」

「このプログラムに参加すれば痩せる!」

 

世の中にはいろいろなダイエット論

あふれているようです。

 

でも、体についてちゃんと学習すると、

いかにおかしなダイエットが流行ることか!

(中には正しいやり方もあるので、一概に悪いとも言えません!)

 

ここで、

ダイエットの見方を変える事実を紹介します!!

(さまざまな方法ではなく、見方を紹介します)

今日ここで学ぶ、ダイエットの見方を、

様々なダイエット方法に当てはめてみてください!

 

 

 

まず、基本事項を確認しましょう。

この記事の主旨ではないのでさらっと・・・

まずどうやったら痩せるの?

動物は、食べ物を食べて生きています。

この食べ物からエネルギーを作り出して、

そのエネルギーで活動しています。

 

僕たちの体は、脂肪や筋肉の形で

エネルギーを蓄えてもいます。

(食べ物がないときに対応するため)

 

エネルギーが足りないときは

この貯蓄からエネルギーを作り出し、

エネルギーが余っているときは、

貯蓄を増やしておこうとします。

 

エネルギーが足りない時に、

脂肪や筋肉は分解され、

痩せる(体重減少)わけです。

だから痩せようと思ったら、

食べる量を減らすか、運動してエネルギー使えということ!

 

エネルギーが余っているときに、

脂肪や筋肉は増え、

太る(体重増加)わけです。

だから、太りたい、筋肉を増やしたいなんて思ったら、

たくさん食べまくるしかないわけです。

 

以上が、痩せる、太るの、

基本的な考え方です。

つまり

痩せようと思ったら、

食べる量を減らすか運動しよう

当たり前の事実に行きつきます。

これ以外にやり方はないです!

(胃の切除などで、食べても全部うんちにしちゃうこともできるが、ちょっと危険)

これ以外のダイエット論は、基本的にです。

 

化学的には正しいダイエットとしては例えば糖質ダイエット。

糖質をとらないことで、摂取エネルギーを減らしているわけです。

 

このシャツを着れば痩せるというのは、

僕がその本質を理解してないだけかもしれませんが、

少し嘘くさい・・・・・

たしかに加圧シャツで一時的、部分的に血行を良くして、

消費エネルギーを増やすなんて側面もあるのかもしれないが・・・・・・

 

 着れば痩せる・・・・?

医学的にダイエットを成功させるコツ

まず、寝よう!睡眠は基本

エネルギー摂取、食事に関しての

ホルモンは睡眠に影響されます。

具体的には、

脂肪細胞から出されるレプチン

胃腸あら出されるグレリンです。

レプチンは食欲を抑え、

グレリンは食欲を増進させます。

 

そして、睡眠不足になると、

レプチンの低下、グレリンの増加がおきます!

眠いときにバカ食いしたくなるわけです。

 

どれだけ、食事制限をしようとしても、

睡眠不足になると、なかなか我慢ができなくなります。

我慢が続くダイエットは、失敗します。

逆に、睡眠をたくさんとれば、

食欲は減り、痩せるわけです!

 

食事制限うんぬんするまえに、

まず寝ましょう!

 

「〇〇は我慢する」と考えない

思考抑制の逆説なんて言われています。

「〇〇しちゃいけない」と思うと、

逆に頭の中がそのことでいっぱいになってしまう・・・

(失恋を忘れる時の気持ち?笑)

 

これは、医学、心理学の面で

科学的に証明されていることです!

別に精神論ではありません!

 

じゃあ、どうすればいいか?

確かに、考えるなと言われても難しいです。

そこで大切なのは

目の前のことに集中して

気持ちの切り替えを素早くする

 

いま、自分がしている活動に集中してください。

本気で集中してください。

そうすれば、その間は、忘れられます。

 

次に、集中が切れたとき、

別のことをしようと思ったときは、

すぐに、頭を切り替えて、

次の行動に移ってください。

そして、次の行動にすぐ集中してください!

 

こうしていれば疲れます。

疲れたら、寝てください

睡眠時間は食欲を抑えるのでしたね!

 

まとめ(本旨)

医学生の中にも、

おかしなダイエット、減量をしている人はいます。

(なんと嘆かわしいことか・・・)

ダイエットでやるべきことはシンプル。

摂取エネルギーを減らして、

消費エネルギーを増やす

食べずに運動。

シンプルなのですがこれがつらい。

だから、みんなやりたくない。

そこに乗じて、危険なダイエット方法さえも

ありがたい情報として扱われる・・・・

 

でも、どんなやり方であっても、

基本ができていなければ、

またリバウンドしてしまいます!

なので、どのようなやりかたであっても、

今日の心構えと、睡眠を大切にして、

より簡単にダイエットを継続してください!

成功を祈っています。

 

 

 

ちなみに

世の中のダイエットについて考えてみた

まず、ダイエットですが、

本当にするべきか?必要か?

も考えてください。

例えば、脂肪は、脳の発達に必要です。

脂肪ゼロは健康なようで、健康でないです。

(というか、多分死にます。)

そのことを念頭に置いて見ていきましょう!

栄養不足を利用するもの

糖質カット 脂質カット 

体に必要な栄養素をとらないことで、

体が脂肪を燃焼させるというもの。

 

ウワサによると、

最も短期間で一気に脂肪を減らせます。

ボディビルダーとかはよくやってます。

 

ただ、栄養を取らないダイエットは危険な場合もあります。

特に、糖、脂質は脳の発育に重要です。

若い人はやらないほうが得策です。

やるときは、専門家や医師に相談しても良いかもしれません。

断食

これはよくないです。

断食によりまず筋肉が減ります。

 

飢餓状態になると人は、生き残るために、

消費エネルギーを減らそうとします。

摂取エネルギーが少なくても、そうすれば生きていけるからです。

このとき、筋肉が減ります。

すると、数日間は痩せられますが(筋肉が減少して軽くなる)

脂肪は減ってないので、後々リバウンドします。

 

うんちの分体重を軽くする

水をとるダイエット スムージーダイエット

これらは、腸に便がたまっている人にお勧めです。

便を輩出することで、まず体重が軽くなります。

次に、便がなくなったおかげで、

腸の働きが活発になります。

腸は筋肉でできているので、これは運動です。

消費カロリーを少しだけ増やせて、ちょっとは痩せやすくなります。

 

運動する

運動は消費カロリーを増やすのですね。

ウォーキング ランニング スイミング 

これらは有酸素運動です。

今ある筋肉を使って痩せようとします。

筋トレ

最後の筋トレは、本人の代謝を上げ、痩せやすくなります。

ダイエットの王道です。

断食の反対で、最初は筋肉の重みで

体重は増えるように見えますが、

後々、脂肪は燃焼して、いい体型になります。

コラム:筋肉があっても痩せない!?

「筋肉の基礎代謝は筋肉1キロ当たりお寿司1貫」

つまり、筋肉1キロ増やしても

お寿司一貫食べたら無意味になる・・・・

こういう考えがありますが、

これは正しくて、間違っています。

 

確かに、筋肉1キロでの基礎代謝の変化量は

お寿司一貫分です。

 

しかし、基礎代謝って、

「寝てても消費するエネルギー」です。

動いたときの消費エネルギーはまた別です。

つまり、筋肉をつけるほど、

基礎代謝のみならず、運動時の代謝能力も上がり、痩せる

というわけです。

 

 

 

まとめ(subサブ)

以上いろいろなダイエットはありますが、

基本は

寝ること

○○しないと考えないこと

  (目の前のことに集中すること)

です。

これらの脳科学的アプローチも参考に、

ダイエットを成功させちゃってください!

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング