医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

ダイエットで絶食はするな~筋肉の分解・アミノ酸代謝

皆さんは

「食べないだけのダイエットはやめろ!」

って聞いたことありませんか?

 

ダイエットでは脂肪を減らすのが目標なのに、

ただ食べないだけだと、脂肪ではなく、

筋肉が減って逆に太りやすくなるのです。

今回はその、筋肉の分解について学びます。

 

筋肉が分解される!?

「筋肉は基礎代謝をあげる」

 って言いますよね。

だから、

「ダイエットの時は筋トレしろ」

っていうわけですね。

ちなみに、

「筋肉1kgで一日当たり

 お寿司一貫分しかカロリー消費しないよ」

なんて言いますが、

お寿司一貫が1週間続くと

ご飯2杯分くらいにはなります。

一年で大きな違いを生みます。

 

逆に、食糧がないときは、

筋肉があるとその分、

食事をとらないといけないため

邪魔です。

なので筋肉から先に分解して、

生存に備えるわけです。

 

 

筋肉をエネルギーに変える!

ではどのようにして筋肉を

エネルギーし変えるのでしょう!?

まず、筋肉は何でできているのか学びましょう。

筋肉の組成

筋肉は「タンパク質」でできています。

タンパク質を分解すると

「アミノ酸」になります。

NH3-CH-COOH

          |

         R

アミノ酸は

炭素部分アンモニア部分でできています。

一般的に化学では、

物質でも何でも

「バラバラになるほどエネルギーが低い」

つまり、バラバラになればエネルギーを放出するのです。

(エントロピー増大)

イメージとしては、

爆弾は爆発するときにバラバラになる。

バラバラになるときにエネルギーを出す。

 

逆に、バラバラのものを組み立てようとすると

エネルギーを使います。

そのエネルギーをバラバラになるときに放出するのです。

 

つまり、

タンパク質⇒アミノ酸でエネルギーを放出

更に

アミノ酸アンモニア炭素骨格

で、またまたエネルギーを放出します。

 

筋肉を分解するとエネルギーが手に入るのです。

そんなわけで分解されるのです。

 

ちなみに、炭素骨格は

クエン酸回路、ケトン体の二つの経路で

糖新生、脂肪酸合成によって

エネルギーを作ります。

 

アンモニアは尿素となり

尿に排出されます。

 

まとめ

今回はダイエットで絶食することが

いけないということと、

アミノ酸の代謝についてちょこっと学びました。

 タンパク質

⇒アミノ酸

炭素骨格+アンモニア

糖新生+脂肪酸合成+尿素

という流れでした。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ