医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

受験生の親に告ぐ~優しく見守り、見送って

今回は、

これから大学受験を迎える人の

「親」にあてたメッセージです。

 

受験生の視点で書かせてもらいます。

こういう話(親子会話)は

受験が苛烈になる前にしたほうが良いです。

では、どうぞ

受験生本人の方は、

「受験生本人へ」をお読みください

最初に注意事項

親子関係というのはご家庭により様々です。

ぶっちゃけ、虐待でも起きていない限り、

他人がごちゃごちゃ口出しすることでもありません。

 

以下に述べる考えは

あくまで僕個人の意見です。

 

1つの意見として参考にしていただけると幸いです。

 

親子関係はどの形?脳科学的分類 

 

受験生の親とは

親はすごいです

親子というものは素晴らしいものです。

親子関係はどこにいっても、

絶対に切れないものな気がします。

 

僕は親になったことがないのでわかりませんが、

自分の子供が初めて幼稚園や小学校に行ったときは

どんな気持ちになるのでしょうか?

 

高校受験や大学受験の年齢まで、

子供を育て上げているお父様、お母様は

とてもすごいなと、尊敬しています。

 

僕もいままで色んなところで、

親に支えられたと思っています。

 

大切な子供の受験となると、

合格してほしいですよね。

頑張ってほしいですよね。

 

ただ、今回は厳しめに言うと

「親は黙って子供を見てろ」

って話なのです笑

大学生⇒親離れへ

大学生になったら、

子供が1人暮らしをする

ご家庭も多いのではないでしょうか。

 

今後、大学生、社会人となるにつれ、

子供は独り立ちしていくのです。

 

だから、言ってしまえば、

「大学受験」は

子供が親離れをする一つのきっかけ。

飛行機が飛び立つ滑走路のようなものです。

 

親から離れていく、最後の最後まで

親に尻を叩いていては、

いつまでも独り立ちはできません。

 

最近は「親の子離れ」が問題にもなっているようです。

大学受験の時は、

子供をガミガミ叱るのではなく、

見守って、旅立ちを送り出してあげてほしいと思います。

 

具体的に何をすれば?

 

答えは「何もしない」

何もしなくて良いのです。

子供の受験を少しでも応援してあげたい気持ちは分かります。

受験生の立場にいると、

親の「がんばれオーラ」は感じます。

 

何もしなくても感じるのだから、

むやみに何かをする必要はないです。

 

受験生がプレッシャーを感じているとき、

親はプレッシャーを除いてあげようとしてくれたりもしますが、

それは後々、逆に負担になったり、

妙なプレッシャーを作ったりします。

プレッシャーを乗り越えさせろ

プレッシャーについて話を広げますと、

「受験のプレッシャーは

 自力で乗り越えさせる」

というのが大切です。

 

大学受験と言えば、

人生の岐路になるところです。

 

受験の試験開始、否、試験終了の時まで、

受験生はプレッシャーを感じています。

(体験談として、僕は試験中、手が震えたことが笑)

 

試験前に無理矢理励まして、

一時的にプレッシャーを取り除いても、

また、プレッシャーはやってくるのです。

 

試験前、試験中なんてのは、

親は子供を助けてあげられません。

 

子供が自分で、

プレッシャーを乗り越えなければならないのです。

なので、自分で乗り越えさせてあげてください。

 

見はなすわけではない

ピンチになったら助けて

ただ、何もするなと言っても、

見はなせというわけではありません。

受験生がつぶれて、助けを求めてきたとき、

助けてあげてください。

 

ただ、求められていない時に、

助けてあげるのはなるべく控えてください。

受験でつぶれかかっているときは、

受験生は成長するチャンスです。

 

「大変な時はいつでも頼っていいよ」

子供にこれを伝えてあげておいてください。

それだけで、「いつでも頼れる人がいる」安心感があります。

追記

無理のない限りで、受験生が

勉強しやすい環境を整えてもらえれば、

受験生は大いに助かります。

子供の選択も見守る

志望校選択の場などでは、

親は子供に対して、

「安全策」をとらせようとしてしまったり、

逆に、「挑戦」させようとしたりもしてしまう。

 

子供に判断させてあげてください。

 

子供が「自分で」選択することに意味があるのです。

 

大学で人生が変わることがあります。

親が子どもの大学を決めるという事は、

親が子どもの人生を決めるという事です。

 

親はそれでよくても、

子供は後々後悔することにもなりかねません。

 

なるべく、自分で決めさせてあげてください。

 

受験生本人へ

口出ししてほしくないなら初めに言っとけ

「親に口出ししてほしくない」

という受験生がいます。

 

ただ、その口出しは

親御さんが、あなたに良かれと思って

アドバイスしているのです。

 

大人と子供の決定的に違うところは、

「人生経験」

 

どんな才能があっても、

人生経験は勝てない。

 

黙っていてほしいなら、

今日、今、親に宣言しましょう。

「自分はこれからがんばる。

 これからどんな結果になっても、

 自己責任として、自分で頑張っていく。

 だから、つまづいても、頑張る。

 そんなときは、横槍さしたりしないで見守っていてほしい。

 どうしてもだめだと思ったら言ってください。

 また、僕自身どうしようもないくらいにへこたれたら、

 助けてください。」

こう言っておきましょう。

 

何も言わないで、

「うるせー口出しすんじゃねー」なんて

甘ったれが言うようなセリフは言わないように。

ちゃんと、親子のコミュニケーションはとっておきましょう。

 

 

勉強させてもらえるだけありがたいと思え

受験生っていうのは、

ナイーブなくせに偉そうなもので、

「受験生の自分に皆合わせろ」

なんて思っていらっしゃる方がたまにいます。

 

図書館で、受験生が席取りなんてしているのも

それです。

「勉強してるんだから別にいいでしょ」

 

こういう考えは

くずです。

 

勉強させてもらっている身で、

偉そうにするなと言っておきます。

 

別に、大学行く人なんて、

日本でも全人口の半分。

そんな中で、「受験勉強」

なんてお金がかかる物をやらせてもらえているだけで、

感謝しなければなりません。

感謝しましょう。

受験が終わったら、ちゃんと、

皆さんにありがとうと伝えておきましょう。

合格後は浮かれて、そういう言葉を忘れがちです。

 

あきらめるな

受験ではチャレンジするのもいい

志望校を諦めるってのも、

個人としての判断で結構ですが、

大学合格後の人生は長いです。

 

決して後悔のない受験をやり遂げてください。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング