医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

脂質の代謝・β酸化とケトジェニックダイエット

今回は脂質の代謝について学びます。

脂質は

β酸化によって

エネルギーを作り出します。

では、β参加とは何か、

学習していきましょう。

 

β参加

とても分かりやすい絵があったので

引用させてもらいます。

 

β酸化

https://kusuri-jouhou.com/creature1/beta-oxidation.html より

 β酸化は主にミトコンドリア内で行われます。

 

図の補足をすると、

・脂肪酸は活性化してアシルCoAとなる
・アシルCoAはミトコンドリア膜を通過できないから、

 「カルニチン」と一時的に結合して、

  ミトコンドリア内に入り入ったらカルニチンと別れる
・アシルCoAについて、

 「酸化⇒加水⇒酸化⇒開裂」の反応が起きて、

 最終的にアセチルCoAと、アシルCoAができる。

 アシルCoAはそのまま、β酸化に関わる。

 

以上です。

これを用いたダイエットがあります。

ケトジェニックダイエットです。

 

 

ケトジェニックダイエット

ケトジェニィックダイエット

最近有名ですが、

これです。

 

まず、糖質をカットします。

(飢餓状態)

すると、ピルビン酸がなくなります。

(解糖系が働かない)

そして、クエン酸回路が使えなくなります。

 

すると、脂肪酸β参加でできた

アセチルCoAが働きます。

 

糖質によって回されていたクエン酸回路は

今は回っていませんが、

脂質代謝によってクエン酸回路は

また、動くのです。

 

脂質は、体にある

脂肪から供給されます。

ダイエットでは脂肪を落とすことが目標ですから、

脂肪から脂質が供給されて

エネルギーになれば、

脂肪(贅肉)は減ります。

 

ケトジェニックと言われる所以~ケトン体

飢餓状態になると、

脂肪酸が代謝されますが、

最初にエネルギーとして供給されるのが、

です。

 

脳は最も大切です。

 

アセチルCoAは、

TCA回路を動かしますが、

脂溶性です。

 

脳まで移動するには

血流にのらなくてはいけません。

脳血液関門の問題もあります。

 

そのため、アセチルCoAは一時的に、

ケトン体となり、脳の中に入ってから、

再び、アセチルCoAとなり、

エネルギー供給をします。

 

 

脂肪について学習

せっかくなので、脂肪について学習しましょう。

実は、脂肪には

  • 白色脂肪細胞
  • 褐色脂肪細胞
  • ベージュ脂肪細胞

と3種類の脂肪細胞があります。

 

白色脂肪細胞はいわゆる脂肪です。

中性脂肪をため込みます。

 

残りの2つは、

発熱によりエネルギー消費をする脂肪です。

脂肪にもエネルギーを使うものがあるのです。

 

新生児にはエネルギーを消費する(代謝の良い)

脂肪がたくさんありますが、運動しないまま育つと

大人になるにつれ、褐色脂肪細胞は減ります。

一方、体を動かす人はそこまで減りません。

若いときから、体を動かすのは大切なのです。

 

まとめ

今回は主にβ酸化について学習した。

ついでにケトジェニックダイエットや

脂肪についても学習した

 

今日のQuestion

β酸化において、はじめ、

脂肪酸は活性化して何になるか?

(β酸化のスタート)

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング