医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

感染症の特徴・感染症が起きるのはなぜ?

感染症

細菌では、エボラ出血熱や、

デング熱なんかが、

日本でも有名になりました。

インフルエンザも、実は感染症の一つです。

今回はそんな感染症について学びます。

 

感染症の特徴⇒伝染すること

感染症の特徴とは、ずばり、

感染することです。

もっと言えば、

伝染することです。

昔は、伝染病だなんても言われていたようです。

人から人へ、動物から人へなど、

病原体が移されてしまうものを、

主に感染症と言います。

 

分類もされていて、こんなにも種類があります。

 

  • 母から子供に伝わる垂直感染(HTLV1   AIDSなど)
  • 直接感染(飛沫で人から人へ)
  • 間接感染(インフルエンザの空気感染など)
  • 媒介動物観戦(蚊が病気を運ぶなど、日本脳炎など)

 

感染症が起きる!

発症までの3ステップ!

このようにして、細菌・ウイルスは伝播します。

人間は、そんな病原体に、暴露されます。

(病原体は体へ侵入)

そして、病原体は、

人間の体の中で増えます。(感染

そして、病原体が体に悪さをして

発症します。

 

このように、感染症が起きる(発症する)まで

  • 暴露
  • 感染
  • 発症

という3つのステップがあります。

 

インフルエンザにならない人は、

インフルエンザに暴露していても、

発症まで行かないため、

インフルエンザにならない(発症しない)のです。

インフルエンザで頭が痛い!

感染症が発症すれば、

いろいろ大変です。

インフルエンザだと、

  • 頭が痛い
  • のどが痛い
  • 間接が痛い
  • 体温上昇

いろいろな症状が出ていきます。

ただ、驚くべきことに、

「インフルエンザウイルスは、のどにしかいない」

のです。

頭や関節にまでインフルエンザウイルスは移動しません。

(そんなことになれば一大事です。)

のどにしか、ウイルスはいません。

 

なぜ、頭が痛くなったりするか?

 

それは、体が、

インフルエンザウイルスを排除しようとして、

様々な体の反応を起こすためです。

(サイトカインの亢進)

そのため、頭痛薬や解熱剤は

ここをターゲットにして作られています。

 

ウイルスにより起きる、

「急性ウイルス性肝炎」は、

B型肝炎C型肝炎で有名です。

肝臓の臓器障害が起きます。

ただ、ウイルスだけが、

この臓器障害を起こすわけではありません。

(うしろ、ウイルスだけだと何も悪いことはない)

ただ、人間の体が、このウイルスを

排除しようとして、

臓器障害を起こしてしまうのです。

(自己免疫機序)

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ