医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

全身麻酔について学ぶ~名探偵コナン君の時計型麻酔銃と毛利小五郎

今回は「全身麻酔」について書きます。

 

(全身麻酔といえば、「名探偵コナン」の

 時計型麻酔銃、ということで、

 そこについてもちらっと書きます!)

まず全身麻酔とは?

全身麻酔の特徴

全身麻酔の四要素、といえば、

以下の四つがあります。

  1. 意識消失
  2. 鎮痛
  3. 無動化(筋弛緩など)
  4. 反射抑制

これらについて、

  • 「2.鎮痛」は鎮痛薬で引き起こせます。
  • 「3.無動化(筋弛緩)」は、筋弛緩剤などでも引き起こせます。
  • 「4.反射抑制」も同様です。

このように2~4については、全身麻酔薬以外でも

引き起こすことはできます。 

 

一方で

「意識消失」というものは、

全身麻酔の特有の効果です。

全身麻酔薬を投与すると、

  • 意識消失
  • 呼吸停止
  • 循環抑制

といった作用も出てくるので、

注意が必要です!

(医療現場では、循環・呼吸管理を行う)

全身麻酔の歴史

全身麻酔の歴史の始まりは、

日本です!といってもよいでしょう。

世界初の全身麻酔下外科手術は

1804年、華岡青洲によって行われました。

この全身麻酔薬のために、

彼の母は亡くなり、妻も失明したという、

深いお話もあります........

そんなところから始まり、

今や、全身麻酔はいたるところで使われています。

 

全身麻酔薬の種類

全身麻酔薬には2種類があります。

  • 吸入麻酔薬(肺からの麻酔薬)
  • 静脈麻酔薬(点滴の麻酔薬)

吸入麻酔薬としては「フッ化物」

静脈麻酔薬としては

  • プロポフォール
  • ケタミン
  • オピオイド
  • ベンゾジアゼピン

などがあります。

麻酔薬の作用機序

「全身麻酔は、どうして起きるか明らかにされていない!」

なんてよく言います。

ただ、分かっているところもあります。

それ(作用機序)は、

「麻酔薬はGABAA受容体に作用する」ということです。

 

では、なぜ、「全身麻酔はどうして起こるかわからない!」なんて言うのでしょう?

 

それは、

「全身麻酔で我々の意識がなくなるから」です。

GABAA受容体に薬が作用して、

全身麻酔が起きるのは分かっているのですが、

「じゃあ、我々の意識がなくなるってどういうこと?」

「そもそも、我々の意識って何?」

みたいな話につながるため、

「意識とは何か?」が明確に定義できない今では、

「意識がなくなる理由は明らかでない」とするしかないのです。

そのほかの知識

 

麻酔薬には作用時間があり、

一般に持続投与時間が長いほど、

そこからの覚醒に時間がかかります。

 

また、すぐに効く麻酔薬は

すぐに効果を失ってしまいます。

(手術の導入部分で、すぐに効く麻酔薬を使うことが多い)

 

「名探偵コナン」麻酔銃について

さて、ここまで読んでいただき、

「名探偵コナン」の麻酔銃について

思うところはないでしょうか?

 

「あれってほんまに麻酔薬か?」

 

麻酔薬の特徴覚えていますでしょうか?

全身麻酔の特徴

意識消失

呼吸停止

循環抑制

呼吸停止?循環抑制?小五郎のオッチャン、お亡くなりになってしまう.........

 

そして、かつ、全身麻酔の際には

薬は持続的に投与しなければなりません。

 

てことで、

「時計型麻酔銃は、全身麻酔ではない」

事は明らかです。

では何かといえば、

一番考えられるのは「睡眠薬」

(睡眠薬と麻酔薬は重なるところが多くあります!)

 

「時計型麻酔銃」なんてかっこよく言いたいですが

結局眠らせているだけということになります.....

 

ここでの睡眠薬は

「即効性のある睡眠薬」でしょう。

つまり、逆に言えば、持続時間は短い・・・・

 

適当に、腕時計型の麻酔銃について予想しますと、

  • 麻酔銃は睡眠薬入り
  • 睡眠薬は即効性(逆に持続時間が短い)

つまり、途中から、おっちゃんは普通に寝ている.....

 

おっちゃん、競馬にお酒で、

普段から疲れてるんやろなあ....

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ