医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

体温上昇による人の死~焼死・熱傷・熱中症

今回は「アツイ物での死亡」

火傷などを扱います。

 

熱傷

熱傷の種類

熱傷Burnsには何種類かあります。

以下の通りです。

  • 炎による熱傷Flame burn
  • 接触による熱傷 Contact burn
  • 幅射熱による Radiant heat burn
  • 湯傷 Scalding burn
  • 化学熱傷 Chemical burn

一般的な熱傷と言えば、炎による熱傷ですが、

体育館で転んで「火傷する」ことはありますし、

理科の実験で塩酸が手にかかっても、

「火傷した」と言います。

色んなところで、熱傷は起こっています。

熱傷の重症度

熱傷の重症度は

熱傷の範囲(体の3分の1の火傷でピンチと言われています)

熱傷の深さ

年齢(高齢ほど熱傷はsevere)

気道熱傷の有無(火事の時熱い空気を吸ったか等)

これらが重症度に関わってきます。

火災による死~焼死と焼死体は違う!

熱傷で死んでしまうと言えば、焼死でしょう。

ただ、ここで学びたいのは、

焼死と焼死体は全然違う」ということです。

焼死、焼死体、それぞれについて見ていきましょう。

焼死

焼死は炎の影響による現場での死亡です。

  • 熱傷
  • 有害物質(主にCO一酸化炭素)の吸引
  • 酸素欠乏

などの要因が重なり合って、

死亡します。

ちなみに、病院に搬送されてからの死亡は、

現場での死亡ではないため焼死ではありません。

治療を行っている時の死亡は、

死因は焼死ではなく、

呼吸不全や感染症となります。

焼死体

焼死体は「火災現場で発見された死体」です。

つまり炎の影響は問いません。

撲殺されてから、体に火をつけられた死体も

焼死ではなく焼死体です。

 

焼死は死因に着目しているのに対し、

焼死体は死体そのものの発見場所に注目しています。

 

炎に関する法医学はここまでにして、

以降、有名な「高体温症」

いわゆる「熱中症」について学習しましょう。

高体温症

高体温症と言えば、つまり、熱中症です。

体温を一定に保つ機能(ホメオスタシス)が失われ、

熱負荷に耐えられなくなった状態です。

具体的には深部体温が40.5度を超えた状態です。

(深部体温は例えば直腸や口の中の温度)

 症状

熱中症の症状としては、

  • 高体温
  • 乾いた肌
  • 精神障害
  • 頻脈(心拍数が高い)
  • 過換気(呼吸が荒い)
  • 低血圧(ふらふら)

これらが挙げられます。

高齢者や乳幼児、大酒家、肥満、心臓病など持っている人などが、熱中症になりやすいそうです。

応急処置

熱中症かと思ったときは

  • 涼しい場所に移動
  • 水分塩分の補給
  • 体温を下げる(冷たいものをもつなど)

以上が大切となります。

まとめ

今回は

「体温上昇による人の死」を学習しました。

次回は「体温低下による人の死」を学びます。

 

これから暑い夏が始まります。

熱中症には気をつけましょう。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ