医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

高校時代は運動部に入ると受験に有利?高3まで部活は続ける?~受験生の部活

今日は、「高校」の部活の話です。

(医学部の部活については:医学部の現実4~部活事情

 

一般論

一般的には、皆さん部活に入るのではないでしょうか?

僕の高校では帰宅部もそこそこいましたが、

多くの人は何らかの形で入るのかなと思います。

 

よく言われるのが運動部か文化部か?とか

いつまで部活を続けるか?とか

(僕の高校は最終的に3年の夏まで続ける人は学年の半分程度)

そういう話題です。

 

一般論をまとめます。

部活のメリット

運動部のメリット

体を鍛えられる

部活と勉強の切替ができるようになる

上下関係の中で成長

時間管理能力がつく

文化部のメリット

文化的才能を伸ばせる

運動部より制約がないところが多い(運動部よりきついところもある)

疲れない部活に入れば、帰宅後、疲れのない状態で勉強ができる

いつ部活をやめるか

(あくまで僕の高校の一般論だと)

高3の夏まで続けた人は、

模試等の成績で、最後の伸びがすごい。

「最後まで続ける位置からが大切」

 

こんな意見が多いです。

 

医学生(僕)の考え

部活に参加すべきか?

僕はするべきだと思う。

 

 

部活というのは、外的注意をもつ

良い機会であり、勉強にも良い影響を与えるからです。

(一度この記事を読むと良いかもです)www.medudent.com

  • 勉強⇒内的注意(問題をうんうん考える)
  • 部活⇒外的注意(外に注意を向ける)

となります。

内的注意、外的注意、どちらもしっかりやるべきだし、

運動もしっかりしておくと良いです。

高3まで部活やる?

どっちでもいい

多くの先生は、

部活はやるべきだといってました。(一般論)

 

僕は、

「どっちでもいい」

と思います。

僕の体感ですが、

高2で部活をやめた人も、

高3で部活をやめた人も、

最終的には皆同じだったな、って印象です。

受験直前に伸びる?

部活を続けると、

受験直前に伸びるという人がいます。

これに対して、2つの意見を書きます。

あまり信じすぎないほうがいい

正直なところ、

「部活やっていれば受験期直前に伸びる」

という話はあまり信じすぎないほうがいいです。

 

それは、一部の、本当に勉強してなかった人が、

夏から勉強を初めて、そこからずんずん成長するからであって、

もとから成績が伸びていた人は、

同じような成績の伸びをします。

 

0点から70点にするのと

70点から90店にするのでは、

後者のほうが難しいです。

そのため、受験直前には

皆伸びると言われているのではないでしょうか?

でも、受験直前に伸びる

受験期直前、

成績がぐんと伸びます

中高一貫でない人は、

高校の学習を終えるのが、高3の夏とかです。

 

そこからやっと、高校の内容について、

しっかりと復習することができます。

 

あらためて何度も復習してみると、

昔難しかったと思っていたものが、

すぐに簡単になったりします。

 

復習、演習、模試にはそれだけの力があります。

そのため、この時期に集中できるやつは、

伸びます。

皆成績が伸びるため、この時期、頑張れば伸びます。

(部活のせいで、夏までに高校範囲の学習をを

終わらせられてないとこの伸びは来ないかもしれないが)

 

皆に出遅れていると多少の焦りがある、

部活生は伸びるとされているのです。

結局のところ
  • 部活を続けながら、高3の間も部活をやめた人並みに勉強も頑張って、最後の最後まで集中し続けられた人
  • 部活をやめて、その時間、しっかり勉強して、最後、部活をやめた人に追われながら、尻に火をつけて最後まで頑張った人

この2パターンが伸びると思います。

「部活やってる人は最後に伸びるから」とか言い訳して

部活している間勉強をほっぽり投げてもいけないし、

「部活やめたから時間あるわ」と言って、

ぐだぐだ勉強してもいけないということです。

 

なんにせよ勉強しなくてはいけないのですね。

さあ、勉強を始めましょう。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング