医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

学ぶことの大切さ~情報の取捨選択

昨日、一昨日、一昨昨日と

(きのう、おととい、さきおととい、と言うらしい)

はじめは放射線について学び、放射線事故まで学びました。

  1. 原発、放射線、放射能、放射性物質、正しく学べ~東日本大震災と福島原発
  2. 放射線の人間への影響の目安~自然放射線、人工放射線
  3. 放射線事故と放射線による発がんなど

今回の記事では、

放射線について学習していた時に

感じたことを書きます。

原発事故当時を振り返って

放射線についていろいろなことを学びましたが、

個人的にはもっと別のことも学びました。

 

例えば、Gy Svの単位の使い分け、

人間の体にどう影響するかを見る時には

Gyはそこまで大切でもない気がします。

Svは人体に影響を与える指標です。

 

この使い分けが、

福島の原発事故当時にできていた人が、

何人いたでしょうか?

逆に、それぞれの使い方について、

ちゃんと解説してくれる人が何人いたでしょうか?

解説してくれる人がいたとして、

自分は積極的にそれについて学んだでしょうか?

 

 

無知は危険である

原発事故だけではない!

原発事故だけではありません。

無害なものを害と見なしたり

有害なものを無害と見なしたりしていませんか?

 

例えば、以前書きましたが、

「東北は放射線で汚染されてて行くべきでない」

「自分のいる地域は安全そうだ」

という人がいます。

実際、僕の周り(西日本)にはいたと思います。

 

ただ、その西日本の人たちは、

黄砂等、大陸からの浮遊物を

東日本の人より多く受けています。

その害は、大声で言われていないだけで、

そこそこあります。

ひょっとすると、立ち入り制限されている一部を除いて、

東北地方より、がんになりやすいかもしれません

(比較等は知らない。あくまで僕のひねくれた予想)

 

ただ、そういう事実を知らない限り

「東北は危ない」

「自分のいるところは安全だ」

と思い込んでしまう。

 

それってとても危険だと思うのです。

 

 

 

メディアに「ここは危険だ」と言われたら

「ここは危険だから逃げよう」と言い、

「ここは安全だ」と言われたら、

「ここは安全だから大丈夫」と思う。

 

もし、明日、西日本で

「黄砂が大変危険だ。マスクをしよう」と

TVで言ったとしたら、

途端にマスクを買う人は増えそうです。

逆に、そういう情報がないと、

人は動こうとしない。

 

黄砂が危険だという知識が前々からあったなら、

多少は対策もできる。

 

今では「たばこは危険だ」

というから、たばこをしない人、

禁煙する人が多い。

 

ただ、昔は、

「たばこ吸って一人前」という風潮もあったらしいではないですか。

今になってやっと、

たばこを危険と扱うようになってきています。

「知らない」というのは危険なのです。

 

ダイエットもそうです。

絶食ダイエットなんて危険極まりない!

糖質制限、脂質制限ともいろいろありますが、

過度にすると危険です。

栄養は不可欠である。

(生化学についてはおいおい更新する)

そういうところを知らないで、

「こうすればいいんだ」と

思い込み、誤った方向へをも進んでしまう。

 

 

知識は己を守ることになるのです。

この知識は、意識的に身に着けようとしても、

なかなか見につかないように思います。

 

だから、一見役に立たなそうな勉強を、

僕たちはずっとしてきています。

小中高と、そして大学1年でも教養を学びます。

今までは、

「こんな勉強、社会で役に立たねえよ。」

なんて言っていましたが、

これも実は大きな価値ある物だったのではないかと思うのです。

震災当時の自分語り

私事ですが、私は事故当時中学生でした。

震災とはほとんど無縁でした。

ただ、いたずらに

「東北やばいなあ」くらいにしか

思っていませんでした。

というか、あの時の津波など、

想像できるものではなく、

TVに映ってはいたものの、

現実とは到底思えませんでした。

大学生になってから、

被災地、津波跡地など行ってみても、

それが現実とはなかなか思えません。

 

そんな自分でしたから、

原発の事故、放射線の問題など

到底わかりませんでした。

ただ、大きな問題が起きたとしか

認識していませんでした。

 

思えば、自分の周りの大人、

例えば、親とか学校の先生達も、

「大変なことが起きてますね」とは言いつつも、

実際それがどこまで大変なことかは、

分かっていたのかな・・・?という風に思います。

 

勉強しよう

子供に勉強せよ勉強せよという

先生でさえ、さほどそのようなことが

分かっていない。

 

確かに、大人になってから

勉強するのは難しいです。

 

僕も、大学で専門科目が始まってからは、

専門的な内容ばかり学んでいます。

ただ、それだけでは、

何かが足りないようにも思うのです。

 

今日は思ったことをずたずたに書きなぐっただけなので、

駄文が連なってますが、

ここまで読んでいただきありがとうございました。

これからもいろいろ勉強していきたいです。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ