医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部受験面接は就活だ!~医学部受験面接の必勝法

2018年度から東大理Ⅲでも大学受験で面接が始まります。

(これですべての医学部に面接ができたのかな?)

今回の記事では、

医学部面接の必勝法について学びます。

注)今回の記事は医学部を目指す、

高校生や浪人生に送る文章です。

医学部再受験の人には、

当てはまらないことが多く書いてあります。

ご了承ください。

 

 

時間のない人は

「医学部面接は就活面接だ」からお読みください。

面接の中身に意味はない!?

意味なき質問と回答

面接で話す内容は、

そんなに大切ではないです。

(言いすぎな面もあるがそれは後述)

 

なぜかと言いますと、

こちらは人生で一回の受験の面接であっても、

面接官側は、受験生を何十人も見ています。

みんな同じような内容しか言いません。

中身で差がつくことなんてほとんどないと思いませんか?

 

高校生やそこらが話す内容なんて、

大学の先生から見たらかわいいものです。

 

例えば、「どうして医学部を受けたの?」

と定番の質問が来たとします。

ここでは、例えば、

「医学研究をしたいから、医学部を受けた」

と言うことにしましょう。

ここで高校生が話す医学の内容なんて、

ニュースで聞きかじったような

話ばかりです。

 

 

「高校生活で頑張ったことはなんですか?」

と聞かれたとしましょう。

受験生は、皆、だいたい、

「部活でトラブルがありました

 ⇒無理矢理決めることもできましたが・・・・

 ⇒話し合いで解決しました」

みたいな話が定番です。

 

定番の話ばかり聞かされている。

こんな面接の内容に、意味は全くない

意味ある質問

受験の面接の場では、

「自分の家族が病気になり、

優しい医者が助けてくれたエピソード」は、

あふれかえっているわけです。

 

このような質問に意味はない!

逆に意味ある質問とは何か?

中身で勝負する質問です。

例えばこんなもの。

  • 「どうして地元の医学部ではなく、うちの医学部を受けたのですか?」
  • 「(医者に関する現実を聞かされ)あなたはどう思いますか?」

こういう質問は、

人によって答えが大きく変わる!

 

どこの医学部を受けるか 

この記事でも述べたが、

地元に医師として残ってほしい大学では、

「地元で働きます!」と回答する生徒を合格させたがる!

この大学は地元偏重が強いと思ったら、

暗に地元に残るアピールや、地元にゆかりがあるアピールを、

作り話でもしたほうが良いです!

 

ただ、こんな小手先の話をするために、

僕はこの記事を書いたのではない!

こんな小手先のテクニックをいくら身に着けても、

医学部側が面倒な質問をしてきたら、

答えられなくなる!

もっと普遍的な考え方を示しましょう!

 

医学部面接は就活面接だ

ここからの話はとても大切です。

しっかり読んでください

医学部面接は就活面接

この視点を持ちましょう。

 

医学部が他の学部と違うところは、

「医学部には就活がほぼない」所です。

将来的に、

「大学受験を面接した先生」と

一緒に働く可能性はあるわけです。

 

逆に言えば、大学の先生側は、

「将来自分と働くかもしれない受験生」

を面接するわけです。

 

あなたが、会社の人事になったとしましょう。

どんな社員を雇いたいですか?

僕は、就活はしたことがありませんからあまりわかりません。

ただ、人間のエゴとしては、

  • 自分に従順、使い勝手がいい
  • 会社の役に立つ
  • 将来性がある
  • 人間としてしっかりしている

こんな人をとりたいと思います。

(とくに大学の先生などはお山の大将でエゴは強いと思う・・・・)

 

そういう視点で、

医学部の面接に挑みましょう。

 

例えば、地元偏重の大学は、

「地域密着型の会社」と捉えてみましょう。

ここで、「海外に出張に行きたいです」

なんて言えば、おかしいことは明らかです。

 

「大学入試の医学部の面接は就活である」

この視点を持ちましょう。

 

そういう視点では、

「コミュニケーション能力」などが

大切にされる理由は明らかですよね。

(詳しいことは他のネットページにもありますのでここでは書きません。)

 

また、この視点を踏まえれば、

よくある質問や、難しい質問、

どのような質問に対しても、

理想的な答えができるはずです。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ