医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

受験生必見!和文英訳の基礎!場面による使い回し!~英語で医療面接!

以前こんな記事を書きました。

www.medudent.com

今回はこれの英語版について

考えてみたいと思います。

(次回、具体的フレーズについて

 書いていこうと思います。)

今回は、「和文英訳の仕方」などについて触れます。

 

1つのフレーズでたくさんの言い方~受験生必見!和文英訳~言い直し

今回はまず、お医者さんが良く言う言葉、

「今日はどうされましたか?」

について考えてみます。

 

「今日はどうなさいましたか?」を

英語に直してみると

どういえるでしょう?

 

このような文章を英訳するときには、

まず、「日本語を簡単な日本語に言い直すこと

が大切です。

 

例えば、「病院で」

「今日はどうなさいましたか?」と言う言葉には、

  • 「今日はどのような症状で病院に来られたのですか?」
  • 「今の体調はいかがでしょう?」

のような意味が含まれています。

 

別の具体例と比較してみましょう。

王様が召使を読んだ時に、召使が言いました。

「今日はどうなさいましたか?」

この言葉の中には、

「今日はどのような用件でお呼びになられたのでしょうか?」

という意味が含まれています。

 

同じ言葉、

「今日はどうなされましたか?」についても、

お医者さんが言うのか、召使が言うのかでは、

意味が変わってきます

当然、和文英訳するときには、

ここの「意味の違い」は意識する必要があります。

 

さて、そこを意識して、

和文英訳してみましょう。

(僕の浅はかな高校英語の知識で言わせてもらうと)

「今日はどうなさいましたか?」という言葉を

英語に直すと、

「今日はどのような症状で病院に来られたのですか?」

→Why did you come here today?

「今の体調はいかがでしょう?」

→How are you today?

と言い直して書けばよいと思います。

(受験では)

 

受験では、です。

ここから、もう少し、

話を発展させていきます。

使い分けは必須

実際に使わない!

受験の時は、このような

和文英訳をすればよいのです。

ただし、実際の病院では、

このような言い方はしません。

 

ぶっちゃけて言えば、

「極めて失礼な言い方」になるかもしれません。

 

たとえば、

Why did you come here today?を

日本語に訳すと

「どうして今日、病院きたのですか?」

もっと普段の日本語っぽくすると、

「今日、どして病院に来たん?」

ってな感じに、

「軽い感じ」です!

 

他にも思いつかれていた方もおられるかもしれませんが、

以下のような英語もあまり使われないらしいです。

.“What’s wrong?”

→「どっか悪いの?」「なんかあったん?」

“What’s the matter?” 

→「どうしたの?」「今日はどしたん?」

みたいな感じです。

 

「真面目さ」を求められるお医者さんが、

軽い感じで行って来たらちょっと引くかもしれません。

また、

“How are you?”というのも、

「普段は~~な感じだと思うけど、

 今日はそうだい?」

みたいな感じかもしれません。

初めて会った患者さんには

使われない言葉のようです。

ではどんな英語を使う?

「今日はどうなさいましたか。 」

1.“How can I help you today?”

2.“What can I do for you today?”

3.“What brought you here today?”

4.“What seems to be the problem today?”

 

これらの言葉が、

実際の現場ではよく使われるらしいです。

「こんな言葉、試験中に思いつくわけねえよ~」

そうです。

試験中はこんな言葉思いつかなくてよいです。

試験中はただひたすらに、

「難しい日本語の試験文」を

「自分なりの簡単な日本語の言い回し」に

(言ってしまえば)和文和訳して、英訳すればよいのです。

 

入試問題について考える

では、少し難しい入試問題についても考えてみましょう。

医学系単科大では、難しい英訳が出る時があります。

例えば、ことわざの、「出る杭は打たれる」

を英訳してみましょう。

 

無理矢理英訳すると

A nail that stands will be hammered down.

こんなの思いつきません。

 

「出る杭は打たれる」を和文和訳すると、

「人より優れていることを見られると、

 嫉妬されて邪魔されたり好まれなかったりする」

つまり、

「人々は、才能をひけらかす人が嫌い」

もっと簡単に言い直すと、

「人々はすごい奴が嫌い」

(これは言い直しすぎかもしれません)

 

とりあえず、今は、

「人々は、才能をひけらかす人が嫌い」

=「人々は才能を見せつけてくるやつが嫌い」と

和文和訳したことにします。

そうすると、

People don't like a man/woman who always show off his/her abilities.

みたいに書けます。

これが、今僕が考えた、

「出る杭は打たれる」の

英語訳です。

多少、ずれているところもあるかもしれませんが、

全く答えとして違うわけでもないです。

 

試験では、難しい和文英訳では、

むやみに、ひたすらに和文英訳せず、

和文和訳を挟んで、英訳していきましょう!

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング