医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部の現実4~部活事情

今回は医学部の部活事情についてです。

(ここ数日にわたり、「医学部の現実」シリーズを書いています。

 過去の記事はこの記事の下に!明日もぜひお楽しみに!明日が多分最後です。)

 

将来お医者さんになるんだから、

勉強ばかりしているイメージ・・・・

かと思いきや、意外とそんなこともないんです。

 

では、なぜ、どんな部活に入り、

どんな人たちがいるのか?見ていきましょう!

 

なぜ部活に入るの?

医者になるって決まってるんだから

 勉強だけたくさんして、いい医者になれよ

こういう意見がたくさんあるのは重々承知です。

僕もそう思います。

なんだかんだいって勉強しなかったら、

もしくは、医学部に入っていなかったら、

医学生なんて勉強以外何もできない人ばかりです

一部は除く。)

 

ですが、部活に入るメリットも少しはあるんですね。

以下に挙げていきます!

どれだけ忙しくても複数のタスクにとりくむようになる

これはかなり大きいです。

僕も話で聞く限りですが、

社会人(医者)になると、

目の前のことだけに集中していてはダメと聞きます。

例えば、外来診療、学会発表準備、病院カンファレンス準備など・・・・

 

別に、外来だけこなしていてもいいのですが、

いろいろチャレンジしないと成長できないぞと

よく言われています。

 

学生時代から、勉強の合間に部活の形で

運動して、いろいろと両立させていこうと

試みるのは、このトレーニングになるのではないかと思います。

(ジコマンだろという批判もあろうかとは思いますが)

先輩からの話、過去の試料など

これもまた大切。

大学生同士、特に先輩後輩の良い関係が築ける場です。

難しい講義について、先輩に教えてもらったり、

その講義の過去の試料を見せてもらったりして、

勉強がスムーズにできるようになります。

 

「解剖期間は帰る時間が遅くなる」

「その科目の知識は後々も使うから大切」

などと、経験者にしかわからない話が聞けて

とてもためになります。

 

www.medudent.com

こちらの記事でも、ちょこっと書いたように、

医学部は情報が命ですから、

そのような情報を、先輩方から聞けるのは

大切なことだと思います。

 

部活のOB.OGの方々と交流する機会もあるので、

そのとき、病院で働いたときの苦労話、

学生の時にやっておくといいことなど教えてもらえたりします。

 

 

失った?青春を追いかける

自分語りになりますが、

僕は怪我で、高二の時に部活の選手をやめて、

マネージャーもどきになりました。

あのとき怪我しないで続けたかったなあ

なんて思っていたら、

大学でも選手生活を続けられるではありませんか。

 

他にも、受験を意識して、

早めに部活を引退してたとか言う人も

そこそこにはいると思います。

 

高校生の時に思う存分できなかった分、

大学生では皆、部活みたいな青春を

楽しみたいのでしょう(推論)

(あくまで僕の思いかも)

 

 

部活はどんな感じなの?

公式か非公式か

医学部の部活は、医学部の人だけで

構成されていることが多いです。

 

総合大学では

「全学(全ての学部)」の部活と医学部の部活が

ふたつあることが多いです。

 

このとき、医学部の部活は、

学校全体ではサークル扱い、

医学部では正式な部活扱い、

とすこし分かりにくい立場に立たされることもあります。

 

 

強さはどれくらい?

当たり前かもしれませんが、

強いところも弱いところもあります。

 

強いところには

高校生の時インターハイで入賞していたり

ベスト8にはいっていたりする、

輝かしい成績を持つ人がいたりもします。

 

そういうひとは個人競技の種目に

多い気もします。

チームスポーツでインハイに行くチームで

受験勉強を継続して頑張るのは

難しいのかもしれません。

(あくまで僕の推察)

 

そこまで強くない所になると、

趣味で楽しむ人が多いー

みたいな部活になっていると思います。

 

ただ、強い人とそこまで強くない人が

同じチームで頑張っているところも

数多くあるかと思います。

 

練習頻度は?

これもまた部活ごとにかわってきますが、

中学高校の部活に似て、週5,6とかの部活もあれば

週3とかのところもあります。

 

イメージとしては週3,4かなあと思います。

 

部活を休むのに、寛容な部活と

寛容でない部活が存在します。

休みに寛容なところは

部員数が多くなっている傾向があります。

 

部活ごとにもつイメージ

中学高校の部活と同じようなイメージを

医学部の部活でも持ちます。

 

例えば、

バスケ部、野球部、サッカー部等は

皆でよくかたまっているイメージ

 

陸上部、テニス部等は

部活内でも仲良しグループががあるイメージ

 

みたいな

(あくまで僕の個人的意見)

 

部活で花見に行ったりするイベントもありますが、

部活ごとに特徴があると思います。

 

 

部活の決め方

そんなこと言われたら、部活に入らなきゃ

でも、どこにいけばいいかわからない!

 

大丈夫です。

大学ではどこでもそうかと思いますが、

新入生歓迎会的なのが

入学してから1ヶ月くらいは続きます。

(部活ごとにおごってくれる)

 

いろんな部活の新入生歓迎会に参加してみてください!

新入生歓迎会での出会いで友達が増えることが多いです!

 

興味なかった部活の新歓にもいきましょう。

興味がわくかもしれませんし、知り合いも増えます。

主催者側も、全員が部活に入るとは思っていません。

皆他の部活にも流れることを承知で、

でも、ワンチャンこっちにこないかなーぐらいのつもりでいます。

ただ、「僕はこの部活興味ないですが来ました」

みたいな顔で参加されると、

主催者はナンヤコイツ・・・・ってなるので

気を付けてください!

 

以上、医学部の部活レポートでした!

 (ここ数日にわたり、「医学部の現実」シリーズを書いています。明日もぜひお楽しみに!明日が多分最後です。)

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ