医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

微生物って何?細菌とウイルスの違いは?腐るとは?

今回は、細菌やウイルスといった

「微生物」について学んでいきます。

微生物って何?

微生物って何でしょう?

漢字ののままに捉えれば、

微(ちいさな)生物(いきもの)です。

しかし、ここの「定義」に関しては、

多くの変遷をたどってきています。

昔は

微生物、昔は、漢字の通り、

微(ちいさな)生物(いきもの)

捉えられてきました。

具体的には

  • 小さな=顕微鏡で見ることができる
  • 生き物=自己増殖できる(勝手に増える)

この2つが微生物の条件とされていました。

これらは、細菌や真菌、原虫に当てはまります。

ところがどっこい

しかしながら、「ウイルス」は

顕微鏡では見えませんし、

自分で増えることもできないのです。

そこで定義が変わり、

「固有のゲノムを持ち、自己の複製が可能」ということが

条件となっています。

(他力本願で増えても良いということ!)

ウイルスと細菌の違いってなんだ?

ウイルスと細菌は違う!だなんてさらっと書きましたが、

これらは大きく違います。

増え方の違い

例えば、夏場に食べ物を放置しておけば、

そこで「細菌」は繁殖します。

一方で、ウイルスが増えることはありません。

 

細胞は、栄養や温度、水(湿度)さえあれば、

勝手に増えることができるのです。

一方で、ウイルスは、

他の生き物の細胞に寄生し、

その細胞の体を使って、増えるのです。

そのため、ウイルスは、

寄生する細胞がないと、死んでしまいます。

 

例えば、インフルエンザで有名な、

インフルエンザウイルスも、

空気中にいたら、どんどん死んでしまいます。

ただ、空気中から人間の体に入り、

人間の細胞に感染することで、

ウイルスは生き延び、増殖するのです。

大きさの違い

細菌に感染するウイルスもいます。

一般には「ファージ」と呼ばれています。

そんなわけですから、

ウイルスの方が細菌より小さいです。

数値にしてみると大きく異なり、

  • ウイルスは0.01~0,1μm
  • 細菌は10~100μm

大きく違います。

 

「腐る」の違い~ウイルスと細菌

ウイルスと細菌の違いが身近に感じられるのが

食中毒です。

(以下の話には例外もありますが)

見ていきましょう。

夏場の食中毒

夏場の食中毒の原因の多くは

細菌によるものです。

夏場には温度や湿度は高く、

細菌は増殖しやすいです。

そのため、食べ物を放置しておくと、

そんどん最近は増え、

最終的に食中毒を引き起こします。

冬場の食中毒

では、反対に、

冬場の食中毒は

何が原因で起きやすいかと言えば

ウイルスが原因になりやすいです。

冬は寒く乾燥するため、

細菌は増えにくいです。

一方で、ウイルスは

寒いと「死滅しにくい」という特徴があります。

ウイルスは自己増殖できないため、

空気中ではどんどん死んでいくのでしたね。

 

ただ、寒いと、

この死滅のスピードが遅くなるのです。

そのため、ウイルスが生存しやすく、

ウイルスによる食中毒が起きてしまいます。

違いを書けば

つまり、

  • 夏場は細菌が増殖しやすく
  • 冬場はウイルスは死滅しにくい

ため、それぞれの季節で

食中毒が起きてしまうというわけです。

 

微生物の分類

ウイルス、細菌以外にも、

微生物はたくさんいます。

表にすると以下の通りです。

f:id:medudent:20180503194704p:plain

微生物は、まず、細胞性と非細胞性に分かれます。

細菌は、細胞性の微生物の中でも、

特に、原核生物の一つです。

細胞性の微生物には、他にも、

真核生物の微生物がいて、

これらは真菌や原虫です。

(真核生物は細胞に核を持ち

 原核生物は持たないという違いがあります。)

一方、ウイルスは非細胞性の微生物の1つで、

他にもプリオンやウイロイドなどがあります。

 

このように、微生物は分類されています。

この分類は大切なので、覚えましょう。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ