医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

ウイルス総まとめ~インフルエンザはなぜ毎年流行るのか?

f:id:medudent:20180503194704p:plain

これまでに、

真核生物細菌と学んできました。

(クリックで真核生物のページ、細菌のページへ移動します)

今回は「ウイルス」について学習します。

 

ウイルスとは?微生物とは?

以前にも書きましたが、

ウイルスは原義(初めの定義)での微生物ではありません。

厳密な意味での「生物」ではないのです。

なぜなら、自己増殖ができないから.....

(ゲノムとタンパクのみはある)

宿主の細胞を使うことで、

増殖が可能です。

 

大きさもかなり小さく、

細菌よりはるかに小さいです。

今回学習する「ウイルス」は

それだけ小さく、

代謝も変わり者であると認識しておいてください!

ウイルスの基本構造

ウイルスは

  • 核酸(DNAまたはRNA)
  • カプシド(核酸を保護するタンパクの殻)
  • エンベロープ(脂質二重膜) と 膜たんぱく (無いものも)

で構成されています。

それぞれについて見ていきましょう。

核酸について

核酸はDNAもしくはRNAです。

ここで分類がなされます。

核酸がDNAのものをDNAウイルス

RNAのものをRNAウイルスと言います。

DNAウイルス

DNAウイルスとはDNAを核酸とするウイルスのことです。

2本鎖のDNAが多いです。

(例外に

  • 一本鎖のパルボウイルス
  • 不完全環状二本鎖のB型肝炎ウイルス

 があります)

宿主の細胞核に寄生し、

宿主の細胞の複製・転写酵素で増殖します。

RNAウイルス

RNAウイルスについては少し複雑です。

RNAウイルスはDNAウイルスと反対に、

RNAをゲノムとするウイルスですが、

プラス鎖RNAと

マイナス鎖RNAがあります。

(ここから10行ほど、専門的なお話になります。ご容赦ください。その下に、「インフルエンザはなぜ流行るのか?」について書いてあります。)

 

プラス鎖RNA

ウイルスのゲノムRNAはmRNAに同じです。

核酸に感染して、mRNAとして機能します。

 

増殖の際には、まず、プラス鎖RNAにより、

転写により

RNAポリメラーゼを作ります。

このRNAポリメラーゼは

プラス鎖RNAから、マイナス鎖RNAを作ります。

さらにこのマイナス鎖RNAからプラス鎖RNAを作り、

増殖していきます。

プラス鎖RNAから、翻訳により、

タンパクが合成されます。

マイナス鎖RNA

ゲノムはmRNAと相補的な配列です。

つまり、mRNAとしては働きません。

遺伝子発現のためには、RNAからRNAへの転写が必要です。

 

ウイルスはRNA依存性RNAポリメラーゼを持ちます。

 

増殖の際には、マイナス鎖RNAは、

ウイルスが元々もっていた

RNAポリメラーゼにより、

プラス鎖RNAを作ります。

更にここからポリメラーゼにより、

マイナス鎖RNAができます。

また、プラス鎖DNAから、タンパクが作られます。

 

ここまで、多少難しいです。

(後々、図など書き加えます。ご了承ください。)

 

インフルエンザはなぜ毎年流行るのか?

インフルエンザはウイルスです。

インフルエンザウイルスは

RNAウイルスです。

 

RNAはDNAより、

変化をきたしやすいです。

(人間の体はDNAでできています。DNAが変異を起こすと、がんになることがあります。一方で、通常とは違う個体に「進化する」可能性も秘めてはいます。)

 

そんなわけで、RNAウイルスは、

変化しやすいです。

 

そのため、

毎年毎年、インフルエンザウイルスは、

形を変えて、登場します。

 

ポケッ〇モンスターで例えますと、

ウイルスが

ある年は水タイプで、

ある年はほのおタイプで、

ある年は草タイプで出てくるみたいな感じです。

 

毎年毎年違う形で出てくるので、

体も対応が難しかったり、

ワクチンが毎年必要になったりします。

 

そんなわけで、インフルエンザは

毎年よく流行してしまうのです。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング