医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学生の論文雑誌の見方nature?science?Cell?インパクトファクター

今回は研究室に通う医学生の

論文について学んだことについて書きます。

どんなジャーナルを使うか?

一言に科学系ジャーナルと言っても

たくさんあります。

医学基礎系の論文でも

  • Cell
  • Nature
  • Science

なんて多くの種類のジャーナルがあります。

初めは、どれも似たようなもので、

適当に眺めようにも、

どれから読めばよいのか・・・?

僕の体感

僕の感覚で言えば

  • Cell:Figure・本文が充実し、丁寧。(逆に言えば、量が多い)ちなみに、2006 年 山中伸弥先生のiPS 細胞論文はCell 発
  • Nature:Cell よりもFigure・本文共に短い。取っ付き易い。(情報量が少ないため読みながら調べる作業が必要なことも。)
  • Science:Cell・Nature よりも分野のまたがった論文がありがち

 みたいな感じです。

 

“Nature は日本語の要約や、News & Views の日本語訳があるので、大まかな意味をつ
かみたいときに、ちょっとだけ便利かもしれません。

おすすめのジャーナル分野別(引用)

以下

論文を読もう|大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学

からの引用ですが、

各分野毎に以下のようなジャーナルが人気なようです。

基礎系
  • 基礎科学、生物学: Nature、Science、Cell
  • 臨床医学、内科学: New England Journal of Medicine、Lancet、JAMA-Journal of the American Medical Association、Annals of Internal Medicine、British Medical Journal
  • 実験医学: Nature Medicine、Journal of Clinical Investigation
  • 免疫学: Nature immunology、Immunity、Journal of Experimental Medicine
  • 微生物学: Cell Host & Microbe、PLOS Pathogens
  • 分子生物学: Nature Chemical Biology、Molecular Cell、Current Biology
  • 細胞生物学: Nature Cell Biology、Journal of Cell Biology、EMBO Journal
  • 腫瘍学: Cancer Cell、Lancet Oncology、Journal of Clinical Oncology、Journal of the National Cancer Institute、Cancer Research
  • 発生学: Cell Stem Cell、Developmental Cell
  • 遺伝学: Nature Genetics、Genes & Development
  • 神経科学: Nature Neuroscience、Neuron、Molecular Psychiatry、Brain
臨床系
  • リウマチ科: Annals of the Rheumatic Diseases、Arthritis and Rheumatology
  • アレルギー科: Journal of Allergy and Clinical Immunology
  • 呼吸器内科: American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine
  • 循環器内科: Circulation、Journal of the American College of Cardiology、European Heart Journal、Circulation Research
  • 消化器内科: Gastroenterology、Hepatology、Gut,Journal of Hepatology
  • 代謝、糖尿病科: Cell Metabolism、Diabetes、Diabetes Care
  • 血液内科: Blood、Leukemia
  • 感染症学: Clinical Infectious Diseases、Journal of Infectious Diseases

 

 

インパクトファクターとは

こんなにたくさんの論文雑誌があります。

(医学から出れば他にもたくさんあります。)

「本当にどれを読めばよいのかわからない・・・」

 

そんなときに参考にしてみてほしいのが

論文雑誌の「インパクトファクター」です。

 

いわゆる「雑誌のレベル」です。

レベルが高いほど、有名な雑誌だったり、

乗っている研究データが正確だったりします。

 

だから、簡単に言えば、

インパクトファクター=レベルの高い雑誌に載ればすごいことですし、

逆に低いところもあるというわけです。

 

ちなみに、初めの方に書いた

Nature,Cell,Scienceのインパクトファクターは

他の雑誌に比べたら雲の上の存在で、

30-40以上だったりします。

 

他の論文雑誌についても調べてみて、

「あ、この雑誌はこれくらいかあ」と

見てみても面白いかもしれません。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング