医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

朝食を食べたらうんちをしろ~消化器系の学習

「ご飯を食べたらうんちをしろ」

なにいってるかわかりますか?

今日の最後には分かるようになります。

今日は消化器系の話です。

では、学習していきましょう!

消化器系とは

消化器系は

消化管付属消化器官でなりたっています。

 

消化管は食べた物の通り道です。

口、食道、胃、小腸、大腸などです。

これらは有名ですね。

 

付属消化器官には、

歯や舌、唾液腺、肝臓、

胆嚢(たんのう)、膵臓(すいぞう)などです。

これらは、食べ物が通るわけではありませんが、

食べ門のをかみ砕いたり、

消化液を分泌したり、

消化に関わります。

 

消化管の運動

不随意筋

消化管は平滑筋で動いています。

平滑筋は自分の意志で動かせません。

(不随意筋)

 

「よし、胃を動かすぞ」とか

「大腸の動きとめよう」とか、

自分ではできませんよね。

これが不随意(自分で動かせない)

という意味です。

運動の種類

消化管の運動を捉える時は、

消化管はホースだと思ってください。

 

消化管の運動は主に

分節運動と蠕動運動があります。

分節運動

分節運動は、

ホースの中の食べ物を、

ぐちゃぐちゃにする運動です。

f:id:medudent:20180214202543p:plain

食べ物があるところの前後をしばり、

なかでぐちゃぐちゃにします。

蠕動運動

蠕動運動は

ホースの一端を縛って、

縛っている場所を移動させて、

食べ物をホースの中で移動させる運動です。

f:id:medudent:20180214203038p:plain

 

 

朝食後はうんちが出やすい

大蠕動

さて、メインテーマに入りましょう。

朝食後はうんちが出やすい。

これは大腸の運動が関わっています。

(各消化管ごとに特徴はある)

 

大腸には、

「人が食べ物を食べると

 大腸の中にある物すべてに対して

 蠕動運動をする」

大蠕動

と呼ばれる運動をします。

 

これで、大腸の中にある物(うんち)が

一気に外に出ようとします。

 

ただ、ごはんの後、

うんちをする習慣のない人は

肛門の筋肉によって、

うんちをしないようになっています。

 

朝食後はうんち!

夜の間に消化された食べ物は、

大腸にたまっています。

 

朝ご飯を食べると、

それらが一気に出ようとします。

このタイミングでウンチをすると、

気持ちよく出ます。

これは体の勝手な反応なので、

どうしようにもないです。

 

なので、朝食後はうんちを施与と言われるのですね。

 

 

まとめ

今回、消化管の学習をしました。

消化管の学習もしました。

朝食後はうんちが出やすいのですね。

ぜひ、毎朝、時間にはゆとりを持ってうんちをしましょう!

今日のQuestion

消化管を3つ附属消化器官を2つ書け。

(答えは記事中に!ぜひ解いてみてください!)

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ
にほんブログ村
医大生ランキング