医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

個別指導か集団塾か?~質問にお答え

初めてブログに質問をいただきました!
(ありがとうございます!)
なにか質問等ありましたら

お問い合わせ - 医学生の解釈(ブログ)

までお問い合わせください

質問の本題に参ります。
「個人塾がいいか?集団塾がいいか?」
というお話です。

一般論(集団塾と個人塾の比較)

集団塾の特徴

集団塾は、学校みたいなものです。

先生が皆の前で授業をして、

試験等もして、実力を伸ばしていきます。

 

メリットとしては

他の生徒と切磋琢磨できる

ここにつきます。

通っている普通の学校(小中学校等)より

塾に行った方が、周りの人の

勉強に対する意識が高いです。

周りから刺激をもらって、より勉強をがんばれます。

個別指導の特徴

個別指導は先生と生徒が

1対1で、つきっきりで勉強する形態です。

メリットとしては

生徒が自分のペースで勉強を進めることができる

ということがあります。

1対1の授業ですし、質問もしやすい環境ですから、

こうなるのは当たり前です。

 

僕の意見

勉強が苦手な人は「個別指導」

そうでなければ「集団指導」が

個人的には、集団塾の方がいいと思います。

勉強が苦手な人

勉強が苦手な人というのは、

学校の内容も分からないレベルの苦手な人です。

学校の内容がちんぷんかんぷんの人は、

大腿の塾の授業を聞いても分からないから意味がないです。

 

ただ、塾によっては、

学校のフォローもかなりしてくれる

塾もあります。

ただ、そういう塾の教室では、

勉強に対する意識の高さや、

刺激の与えあいが見込みにくいため、

そこまでおすすめはしません。

それ以外の人

勉強が遅れていない、

大多数の人は、塾のほうが良いです。

 

塾の授業は、だいたい、

「現状のレベル」でクラス分けされます。

そんなに、授業から遅れることは少ないです。

 

もし、遅れたとしましょう。

そしたら、その「遅れ」を取り戻すために頑張りましょう。

 

個別指導だと、「理解が遅れる」ことはないですが、

いつまでたっても、「マイペースな速さの理解」しかできないままです。

 

塾の進度は、塾が長年の経験で培ってきた

「理想のスピード」で授業を進めています。

周りの生徒さんも、それに食らいついています。

受験で勝つという視点で見れば、

そこに食らいついていかなくてはいけません。

 

自分の体験談を話します。

僕は小4くらいから、

集団塾に入りました。

最初は結構、下のレベルでした。

 

周りは「塾の予習、授業、復讐」の

スピードについていきますが、

新参者の僕にはできなかったのです。

 

しかし、小5になるころには、

結構ついていけるようになりました。

「慣れ」はあります。

 

授業に多少ついていけなくても、

そこでほっぽりかすのではなく、

そこでついていけるだけの努力をする、

というのが大切だと思います。

 

また、体感として、

個別指導のみで、

受験に成功した例はあまり聞きません。

(個別指導にデキルヤツが

 集まりにくいだけかもしれませんが)

 

最低限度の学習だけであれば、

マイペースで学習を進めても問題ないですが、

受験、勝負の世界となると、

周り(敵)の学習進度を知り、

そこに食らいつくことはとても大切です。

 

以上で初めての質問コーナーを終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ