医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

付箋勉強法~ふせんの勉強改革・付箋ノート~スマホ対策

以前僕の自己流の勉強法について

記事にしました。

www.medudent.com

今回も自己流の勉強方法について書きます。

その名も

付箋勉強法

(自分で考え付いたつもりが、一般的にも有名ではあるらしいです...多少世間の付箋勉強法とは違ったものを書くつもりです)

どんなものか見ていきましょう。

 

付箋で勉強~スマホ対策

付箋にはメリットがあります。

目につくところに貼れる

ということです。

まず、この特徴を使いましょう。

覚えたい英単語があるとします。

これを付箋に書いて、付箋をスマホ画面に貼り付けましょう。

グータラしているときに、僕たちはついついスマホを触ってしまいます。

そのとき、スマホ画面に英単語が書いてあったらどうなるでしょう?

単なる復習のみならず、

「あ、勉強しないと」と意識付けもなされるはずです。

 

ちなみに僕は、

付箋を何枚もスマホ画面に貼り、

スマホを触りたくなったら、付箋を見て、

「自分がすべての内容を覚えているか?」チェックします。

もし、覚えていた場合、

スマホを触って遊ぶことを自分に許します。

一方で覚えていないときは、スマホを我慢するようにしています。

こうすることで、「スマホ我慢+本気の暗記」が

可能となるのです。

(スマホ触りたいから覚えるというのは動機として不純ですが...)

 

付箋ノート

実は一般的には、付箋ノートというものがはやっているそうです。

 

「付箋に勉強内容を書いて、それをノートに貼る」という勉強法です。

この勉強法では、

  • 付箋に大切な語句などを書いて、普通のノートまとめの中に貼り付けていくタイプ(通常のノートまとめの中に、付箋の箇所がある)
  • 付箋だけを用いてただひたすらにノートに張っていくタイプ

2つあるようです。

(説明下手ですみません。ご自分で調べてみてください。)

個人的にはどちらも良いとは思いますが、

僕は「ノートまとめは無意味」という立場なので、

後者をおすすめします。

 

つまり、付箋に覚えたい内容を書きます。

それを、スマホに貼り付けたり、

トイレの壁に貼り付けたり、

食卓の上に貼り付けたりして覚えます。

(付箋一枚くらい汚してもかまいません。)

覚えたと思ったら、その付箋を

「付箋ノート」に貼り付けます。

そうして、付箋を、「付箋ノート」に貼り続けます。

 

こうすれば、

「あなただけの付箋ノート」ができます。

ここに貼られている付箋には、

あなたが一度覚えた内容のみが書いてあります。

このノートを見返せば、繰り返し学習になりますし、

もし、完璧に覚えたとき、付箋を取り除いて、捨てて、

新しい別の付箋を貼ればよいのです。

 

ノートに直接覚える内容を書いていては、

ノートの消費量が半端でないですが、

付箋にすればこの問題は解決されるのです。

 

まとめ

今回は

付箋でスマホ対策

付箋ノートで復習

について学習しました。

付箋でスマホ対策をして、

その過程で覚えた内容で、

付箋ノートを作るとよいかもしれません。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ