医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

夏だ!(東医体!西医体!)医学部限定大会!人数が多い!!

皆様、東医体・西医体って知ってますか?

医学部限定の大会なのです。

今回はその東医体・西医体について書きます。

 

東医体・西医体

正式名称は

  • 東日本医科学生総合体育大会
  • 西日本医科学生総合体育大会

です。

実は2018年で第70回大会にもなります。(大体戦後から始まっています。)

一応歴史は長いようです。

医学部の教授でも、東医体・西医体は経験したことある人たちばかりです。

 

医学生の運動系サークルに入っている人にとっては一番大事な試合です。(高校で言えば、インターハイ的なのりです。)

国体やインターハイ同様、毎年、開催場所は移動します。(つまり北海道行ったり長野にいったりと、様々)

大会は学生で行うので、主催する大学の人は大変らしいです。

 

レベルは

www.medudent.com

に書いたように、

たまになんでこんな奴が医学部に・・・

と言うほどすごい奴もいます。

(日本選手権〇位とかインハイメダリストとか・・・)

 

参加者人数が多い!

https://www.med.or.jp/doctor-ase/vol9/9page_35.html によれば、

2013年のデータですが参加者人数は以下の通りです。

(カッコ内は競技者数など)

  • 馬術(東医体のみ:参加者数:89人 参加チーム数:9校)
  • テニス(東医体:男子920人/女子628人・西医体:男子1170人/女子576人)
  • ソフトテニス(東医体:男子629人/女子382人・西医体:男子740人/女子426人)
  • 卓球(東医体:男子441人/女子202人・西医体:男子599人/女子271人)
  • バスケットボール(東医体:男子695人/女子243人・西医体:男子779人/女子313人)
  • 剣道(東医体:534人・西医体:男子391人/女子145人)
  • 空手道(東医体:男子189人/女子102人・西医体:男子228人/女子79人)
  • ゴルフ(東医体:男子563人/女子305人・西医体:男子442人/女子160人)
  • スキー(東医体:男子337人/女子145人・西医体:男子26校/女子26校)
  • 硬式野球 (東医体のみ・参加者数:255人)
  • アイスホッケー(東医体のみ・参加者数:258人)
  • ヨット(東医体:115人・西医体:200人)
  • 陸上(東医体:男子469人/女子211人・西医体:男子464人/女子180人)
  • 準硬式野球(東医体:541人・西医体:922人)
  • バレーボール(東医体:男子468人/女子285人・西医体:男子579人/女子359人)
  • ラグビー(東医体:356人・西医体:823人)
  • 水泳(東医体:男子577人/女子335人・西医体:男子707人/女子340人)
  • 弓道(東医体:655人・西医体:男子668人/女子488人)
  • サッカー(東医体:983人・西医体:1234人)
  • ハンドボール(東医体:301人・西医体:300人)
  • ボート(東医体:256人・西医体:352人)
  • 合気道(西医体のみ・参加者数:167人)

自分もコピペしてて、

「こんなにおるんかーい」って思いました。

 

確かに、全国に医学生は

9000人(1学年)×6=54000

五万四千人もいるわけですから、

参加者人数は多いわけです。

 

一応、参加者人数の多さは、

国体に次いで多いらしいです。

大会のレベル

前述のとおり、すごい人はすごいです。

ただ、別に大したことない人は大したことなくて・・・みたいな。

大会で上位に入る基準としては

インターハイの

ブロック大会(南関東大会とか北信越大会とか)よりちょい上~県大会レベル

と言ったところになると思います。

ただ、

「昨年、インハイメダルとりました。」

みたいな黄金ルーキーが入ってきたら、

一気に競技レベルは上がります。

(5万4千人もいますから、ちょこちょこそういう人はいます。)

ゴリゴリからゆるゆるまで

この大会にはいろいろな学校がいます。

強い学校は本気で優勝目指して頑張ってきていて、

(勉強も頑張っているとは思います。)

観光がてらに大会に出ている?所もあります。

多種多様です。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ