医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

大学生になったらブログを書こう~意識高い系「バイトは無駄」!?

 

大学生になったらブログを書こう!

大学生になったら、ブログを書きましょう!

ブログを書くメリットは様々です。

  • ブログの記事は積み重ねられる
  • 文章力が上がる(アウトプットの力が付く)
  • ブログは編集が容易
  • もうかる
  • 情報発信の立場に立てる

    ⇒情報の取り扱いがうまくなる

  • 他のブロガーさんと関わる機会を得る

このようなメリットがあります。

 

ただ、先に言っておきますと、

ブログはそう簡単にはもうからないと思います。

(詳しくは僕のブログネタ・ブログ運営報告をご覧ください。)

短期的に見れば、ブログを書く時間、

バイトをしたほうが圧倒的に儲かります。

 

ただ、それでも、僕はブログをお勧めします。

ブログは積み重ねがある

なぜか?

ブログには積み重ねがあるからです。

具体的に言えば、

文章力、ブログの記事は、蓄積されていきます。

この「蓄積」がブログはすごいです。

文章力

文章力は圧倒的に上がります。

僕は、まだまだ駄文を連ねていますが、

これでも、結構文章力は上がりました。

(最初がひどかったのはありますが)

記事

ブログの記事は、永遠に残り続けます。

記事は蓄積されていくのです。

 

たとえば、僕のブログ記事で人気なものは、

毎日、1記事につき3,4人が記事を読みに来ます。

毎日です。

このような、記事が

たくさんあれば、それが積み重なって、

毎日、多くの人が、ブログに来るようになります。

ブログに費やした努力は、貯蓄されていくのです。

ブログと対をなすもの

積み重ねがない!

逆に、ブログのように積み重ねがないもの、

それは、例えば、「仮想通貨取引」です。

一時期、bit coinなんて流行りましたが、

あそこには「積み重ね」がありません。

 

どういう事かと言いますと、

仮想通貨取引をいくらしようとも

「長年のカン」なるものが多少は身につくかもしれませんが、

大した蓄積はないという事です。

 

「仮想通貨取引」のベテランの人が、

必ず、初心者に勝てるかと言われてもそうでもありません。

つまりは、蓄積なんてほとんどないという事です。

 

このような世界には、「儲かるか儲からないか」しかありません。

「積み重ね」がないのです。

「意識高い系」に言わせれば、

「大学生にとっては時間の無駄」となります。

一応メリットをあげておく

一応のフォローをしておきますと、

仮想通貨等と関わることで、

社会に目を向けることができれば、

それはそれで良いと思います。

 

大学生になるとなかなか新聞やニュースを見ません。

でも、仮想通貨に関わることで、

ニュース等にも興味を持ちます。

(将来、仮想通貨の値が上がるか下がるかを、ニュースを見て考えるため)

自分の知らないものの見方を身に着ける機会があれば、

それはそれでよいのではないでしょうか?

 

例えば「お金が動く」要素を勉強できたら、

それはそれですばらしいです。

(それなら、仮想通貨ではなく、株でよい気はする)

良いバイト悪いバイト

少し話を変えて、アルバイトの話をします。

「蓄積」に着目した、良いバイト悪いバイトの区別についてです。

悪いバイト

「意識高い系」の人はよく言います。

  • 「バイトは無駄」
  • 「その時間勉強しろ、青春を楽しめ」

僕は言いたいことはなんとなくわかります。

「意識高い人」から言わせれば、

「バイト」が「蓄積のないもの」であり、

その時間を知識や友情など、

蓄積のあるものに費やせという事です。

 

僕も「単純労働」を積み重ねるバイトは

時間の無駄だと思っています。

(個人的に例を挙げると

 コンビニバイトは悪いバイト)

良いバイト

ですが、例えば、家庭教師。

たくさん教えるにつれて、

「教える力」は上がります。

 

やればやるほど、実力が付くのです。

だから、僕は、

「バイト=無駄」とは思いません。

家庭教師のような、何らかの「力が付く」バイトは

大いに意味があると思います。

飲食店は良いバイト?悪いバイト?

では、飲食店はどうでしょう?

一見単純労働にも見えても、

例えば、飲食店のウラが見えたりします。

食品って思っているより雑に扱われているところもあるな、みたいな

(僕の見たところだけかもしれません)

とりあえず言えることは、

簡単に悪いバイトかよいバイトかは判断できないという事です。

やってみるとよい

「このバイトは無駄かどうか」なんて考えずに、

とりあえず、面白そうなものをやってみてもいいと思います。

 

改めて振り返ると、

「ああ、あのバイトはためになったな」みたいなものがあります。

僕にとってためになったものは、

他の人にはためにならなかったりもします。

 

ためになったか否かを考える時

「蓄積があるか」を指標にすると面白いかもしれません。

 

最終的に大いに話がずれにずれた文章、

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ