医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

ワクチンとは?~感染症予防

「ワクチン」って何でしょう?

「インフルエンザワクチン」なんて言います。

「インフルエンザ予防接種」なんて言葉も良く聞きます。

今回はそんなワクチンについて学びます。

ワクチンとは?

定義

ワクチンの定義は

「人為的に免疫反応を誘導して、病気を防ぐ」

ものです。

人間の体は常にいろいろなもの(菌やウイルス、ほこりなど)

に晒されています。

それでも、いつも通り生きていけるのは、

私たちの免疫系が働いているからです。

 

免疫系は、「見たことのある敵」には

良く反応します。

例えば、インフルエンザウイルス。

一度ワクチンをうって

「インフルエンザウイルスってこんな奴だよ」

と教えてあげれば、

次、インフルエンザウイルスが来た時に、

よりよく対処できるのです。

歴史

そんな素晴らしいワクチン。

始まりは1796年までさかのぼります。

Edward Jennerが天然痘に対するワクチンを作りました。

 

当時、天然痘はひどい感染症でしたが、

牛を買っている人(特に乳搾りの人)は

あまり天然痘になっていなかったのです。

そして、ウシにも、天然痘と同じような

牛痘というものがありました。

その牛痘を人に注射すると

天然痘にならなくなったというのが、

ワクチンの始まりです。

 

ワクチンの種類

そんなワクチンにもいろいろな種類があります。

こんなにもあるのです。

  • 不活化ワクチン
  • 弱毒生ワクチン
  • トキソイド
  • コンポーネント
  • 遺伝子組み換えワクチン

生ワクチン、なんて聞いたことあるかもしれません。

それぞれについて見ていきましょう!

不活化ワクチン

不活化ワクチンは、

「死滅させた」病原体を使います。

そのため、

病原体は生体内で増殖しません。

安全ですが、効果が薄い場合もあります。

インフルエンザの予防接種で使われるワクチンは

こちらです。

 

そのため、インフルエンザワクチンから

インフルエンザに感染することはありません。

生ワクチン

生ワクチンでは、

弱毒化した生きた病原体を使います。

「生きた」病原体です。

そのため、体内で増殖します。

より自然に近い形で、免疫反応を誘導します。

(免疫が付きやすいことも)

一方で、体内で増殖して、

本来の病気になってしまう可能性などもあります。

 

トキソイド

トキソイドとは、細菌の毒素を

ホルマリンなどで無毒化したものです。

 

感染症の症状は、

細菌が出す毒素で引き起こされる時があります。

それの対策になります。

コンポーネント

コンポーネントとは、

病原体の体の一部のみを取出し、

ワクチンとしたものです。

 

先ほど、インフルエンザワクチンは

不活化ワクチン(病原体の死んだもの)と

書きましたが、

正確には、

「不活化させてから」「その一部を取り出した物」

となります。

 

インフルエンザワクチンは、

害が少なくなるように、作られています。

 

今日のQuestion

生ワクチンと不活化ワクチンの違いを記せ

(答えは記事中にも!ぜひ探してみてください!)

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ