医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

脊椎

本日は脊椎についての話です。

 

脊椎とは何か

簡単に言えば、「背骨」です。

gray1918

背骨。

この絵の背中真ん中に通ってますね。

 

これは、いくつもの骨が連結してできています。

 

この1つ1つを取り出してみるとこんな感じです。

gray1918

f:id:medudent:20180225114143p:plaingray1918

これらが連なっているのです。

最後は骨盤の所まで続きます。

 

骨盤の所では

こんな感じです。

脊椎(骨)の中を、

脊髄(神経の塊)が通っているのです。

 

脊椎が連なって、

その柱の中を脊髄が通っているので、

この一連の管を脊柱と言います。

 

脊柱について考える

脊柱は横から見るとこんな感じです。

f:id:medudent:20180225115436p:plain

背骨は始め前湾、

続いて後湾、前湾と繰り返します。

直線的ではないのです。

なぜでしょう?

 

理由は、背骨で体は支えられているからです。

 

もし、背骨がまっすぐだと、

一番下についている脊椎は

重さに耐えきれなくなります。

 

うねうねさせることで、

体重を前後方向に分散させているのです。

 

ちなみに、図で

CTLSと書いてありますが、

初めに前湾しているところは、

頸椎とよばれ、椎骨7こで、

続いて、

  • 胸椎(椎骨12こ)
  • 胸椎(椎骨5こ)
  • 腰椎(椎骨5こ)

と続きます。

それぞれ、によって、

椎骨の形も大きく異なるのですが、

今回はあまり触れません。

 

脊椎

脊椎一つ一つを見てみましょう。

先ほども言いましたが、

頸椎、胸椎、腰椎、仙椎で

形は大きく異なるのですが、

大まかな形としては

共通するところが多くあります。

今回はそこに着目します。

f:id:medudent:20180225114123p:plaingray1918

f:id:medudent:20180225114143p:plaingray1918

先ほどのこれですね。

 

図に現すとこんな感じです。

f:id:medudent:20180225120733p:plain

ア椎体 イ上関節突起 ウ横突起 エ椎孔

オ棘突起 カ椎弓 キ下関節突起

 

椎孔には脊髄が入っています。

体表からも分かる、

背骨のぼこぼこは棘突起です。

 

上関節突起と下関節突起で、

椎骨同士がかみあっています。

gray1918

 

ただし、

第一頸椎と第二頸椎は形が全く異なり、

第一頸椎

第二頸椎

f:id:medudent:20180225121556p:plain

となっています。

 

第二頸椎が軸になり、

第一頸椎が、環となり、

軸を基に回転します。

 

そのため、

人は首を回せるのです。

第一頸椎をAtlas

第二頸椎をAxisといいます。

 

解剖学アトラスのアトラスは

第一頸椎Atlasからきているのですね。

 

今日のQuestion

椎骨の基本構造を自力でかきなさい。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ