医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医師という職業/医師免許について~医師免許が取り消される?国道審議会

「おいしゃさんになりたい」と子供の時言います。

「医学生」は多くが「医師」になります。

では医師とはなんでしょう?

何か権利があったりするのでしょうか?

医師以外ではだめなのでしょうか?

学んでいきましょう。

 

医師法

医師法では医師については以下のように書かれています。

  • 業務独占:医師でなければ医業をしてはならない
  • 名称独占:医師でなければ、医師又はこれに紛らわしい名称を用いてはならない

医師は医業ができる特別な職業で、

医師以外は医業はしてはならないのです。

医師には医師免許があり、

そのための国家試験・臨床研修もあります。

国道審議会(刑事罰を追った医師の免許を取り消す機関)もあり、

高い社会的責務がうかがえます。

医業

医師法には

「業務独占:医師でなければ医業をしてはならない」

とありました。医業とはなんでしょう?

 

医業とは医行為を業とすることです。

業=反復継続の意思を持って不特定多数に対してなすこと

つまり、道端で倒れている人を助ける(継続しない医療行為)のは医業ではありません。

自分や他人の生命・身体などに差し迫った危険が及んだときに、

それを避けるためにやむを得ず暴力をふるったり、

物を壊したりした場合は、罰せられない(刑法37条の『緊急避難』)

極めて特別な場合だが・・・・・

 

更に言葉を突き詰めて考えてみましょう。

では、「医行為」とは?

 

医行為

定義

医行為は

医師の医学的判断および技術を持ってするのでなければ、

人体に危害を及ぼす恐れのある行為 と言われています。

何らかの免許も、持っていないのに

注射等すると傷害罪となります。

医行為の3条件

医行為の三条件が

「刑法35条 正当行為」に定められています。

  • 診療目的:生命維持健康回復・苦痛緩和
  • 患者の承諾:同委の原則
  • 医学的に妥当な方法:医学的正当性、医療技術正当性(医師の自由裁量権は医療水準内に制限)

 初めに記述した内容と併せれば、

以上の「医行為」を反復継続するのが医師である。

と言えます。(医師免許があることを前提として)

医師免許は取り消し可能!

先ほども書きましたが、

国家試験・臨床研修をのりこえて医師になっても、

医師をやめさせられることもあります。

 

国道審議会です

(刑事罰を追った医師の免許を取り消す機関)

医師が刑事罰にかかると問題になります。

 

大学でも冗談で

「自動車速度29キロオーバーまでならオッケー

 30キロオーバーはアウト」なんて冗談もあります。

(30キロオーバーから刑事罰になる)

なんて話もあります。

「人を傷つけることもある」医行為は

それだけ社会的にもクオリティが求められているようです。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ