医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

海外で医師として働くには

海外で医者になろう

以前こんな記事を書きました。

www.medudent.com


この記事で、

海外から日本に医師が流入するなら

日本人も海外に行けばいい

なんて書きました。

 

そこで思いました。

現在、日本の医学部に通い

海外で医者になるにはどうすればよいのかと。


海外で臨床経験を積めば、

日本にない医療を学べたりします。

自分のキャリアアップには欠かせませんね。

人生の選択肢の幅も広がるでしょう。

ではどうすればよいのか?見ていきましょう!

 

海外で医師免許を取るには

あたりまえかもしれませんが、

どこの国でも、医師として働くには医師免許は必要です。

 

大きく分けて二つの方法があるようです。

1つは日本の医師免許を取得後、現地の臨床研修と試験を受ける。

(医師免許を取得する。)

もう1つは研究留学で海外に行く。

(ただし、研究生として行くときは給料がなかったりする。)

 

これらの二つの道があるようです。

 

個人的には

「医師として働く」

=「医師として食べていく」

なので、医師免許を取得することを前提として

準備することにします。

 

特に、みんな大好き

アメリカ、イギリスで働くにはどうすればいいか

調べてみました。

 

予備知識:ちなみに日本で医師になるには

間に刺し紅葉で申し訳ありませんが、

一応、日本で医師になるための条件を書いておきます。

日本で医師として働くには

  1. 日本の医学部を卒業
  2. 日本の医師国家試験に通る
  3. 研修医として2年間働く

(一応、医師国家試験通ったら医師免許は持つが、

 一人でいろいろするには、研修医期間が必要)

外国の方が日本で働くときはどうなっているのかは知りません!

いずれ調べたいです!

 

では、アメリカ、イギリスでの医師免許の取り方をみていきましょう!

 

アメリカで医師免許を取る

アメリカで医師免許を取るには、

  1. USMLE(United States Medical Licensing Examination)に合格し、
  2. 1-2年の臨床研修を経て、
  3. 州ごとに行われる審査、試験に合格して医師免許を獲得
  4. その後2-3年ごとに医師免許を更新

こういう流れになるようです。

ただし、アメリカでは医師は十分数いて、

臨床研修が容易にできるわけではなかったり、

政治の関係上、外国人だからと就労できなかったりもするらしいです。

(特に最近は、かの大統領の影響!?)

 

他の特徴としては

医師免許は各州によって発行されるということ。

各州ごとにいろいろ条件も変わってくるそうです。

 

 

イギリスで医師免許を取る 

イギリスで医師免許を取るには2通りがあって

  1. IELTS(英語試験)で既定の点数をとる
  2. 日本の医学部を卒業する
  3. PLAB(WHO認定の試験)に合格する

もしくは

International Sponsorship Schemeなる制度

  1. 日本で専門医の資格を取る
  2. 試験を受けて合格する
  3. 他の医師二人の推薦を受けて、どこかの病院に雇われる

PLABはインド、オーストラリア、イギリスで受けられる第一段階筆記試験

ロンドンで開催される第二段階の実技試験で構成される。

 

僕の大学生なりの知識ですと、

確かIELTSの有効期限は2年なので、

「この時期に医師免許取るぞ!」と決めておいたほうがよさそうです。

また、PLAB受験資格には医学部卒業が必須条件ですから、

日本で研修しているとき~研修終わったころくらいから

狙えばいいのではないかなと思います。

まとめ+僕の周りでは・・・

以上がアメリカ、イギリスで医師免許を取る方法のようです。

僕の周りではUSMLEの受験対策を始めている人たちがいます。

USMLEの受験資格は、在学中にも発生したりするのだとか。

また、USMLEの試験は何段階にも分かれているようです。

IELTS+PLABは在学中は少し難しそうなので、

大学在学中はUSMLEの学習+英語の学習をすればいいのかなと思います!

 

USMLEについては、後日、詳しくまとめます。

 

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ