医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

薬理~お薬に関する知識~

ガス中毒~一酸化炭素中毒/硫化水素中毒/ガス中毒に気がついたら

昨日は「毒とは何か?」という 記事を書きました。 今回は「ガス中毒」です。 ガス中毒 ガス中毒各論 一酸化炭素中毒 硫化水素H2S シアン化水素 有害ガスかなと思ったら // ガス中毒 まず、中毒とは、以下のように定義されています。 (by wikipedia) ある種…

「毒」とは何なのか? RPG の「毒」「どく」「どくどく」

RPGなどで、 勇者は毒(どく)になった。 〇〇は毒のダメージを受けている。 なんて言います。 では、毒って何でしょう??? 以前話した青酸カリは毒です。 (参考:窒息4法医学~日本人は青酸カリ、アーモンド臭が分からない ) カフェインも大量にとれば死…

規制薬物は規制すべきなのか~大麻・マリファナ・禁酒法とアルカポネ

規制薬物 と言われて皆様は何を思い出したでしょうか? 規制薬物にはいろいろな物があります。 大麻、モルヒネ、アヘン,,,,, これらは一応、「薬物」です。 これらの薬物、日本とは異なり、 使用は禁止されていない国もあります。 なぜ、日本ではこれらの薬物…

東洋医学・漢方薬・漢方治療の特徴

今回は漢方薬について学びます。 漢方薬 漢方薬の捉え方(西洋医学と比較しながら) 漢方医学の患者さんの見方 漢方薬 西洋医学と漢方薬 代表的薬 麻黄 甘草 大黄 EBMがある(投与にエビデンスがある)とされる漢方薬 漢方にも副作用がある 小柴胡湯 漢方製…

分子標的治療薬の命名法~なぜニボルマブはニボルマブ?

前回分子標的治療薬の学習をしました。分子標的薬を用いた免疫療法は、ノーベル賞(2018)の受賞で注目を浴びています。 www.medudent.com 今回はその命名方法について学習します。(何で、ニボルマブはニボルマブという名前なの?ということ。ちゃんと規則性…

分子標的薬・免疫治療薬~副作用は少ない?従来の抗がん剤との違いは?経口摂取は難しい?

「分子標的薬・免疫治療薬」最近、がんに対するおくすりとして有名です。ノーベル賞も受賞されました。(2018)今回はそんな分子標的治療薬について学習します。 分子標的治療薬 定義 従来の抗がん剤との違い 分子標的治療薬の標的 欠点 まとめ // 分子標的治…

被験者体験記~薬の代謝計測・水飲み過ぎて水嫌いに

以前このような記事を書きました。 先日、僕は被験者ボランティアに参加してきました。 そこでの体験談を書こうと思います。 実験の概要 参加の経緯と概要 実際に行ったこと 大変だったこと 被験者になることで学べること // 実験の概要 参加の経緯と概要 今…

創薬科学~薬を創る(開発する)ということ

今回は「薬を創る」「創薬」について学習します。 創薬とは 創薬の用語 first-in-class best-in-class 天然創薬 最近は 創薬の今 創薬とは 新薬は、10年以上の年月を費し、基礎研究、非臨床試験、臨床試験(治験)の過程を経て有効性と安全性が検討される。…

関節リウマチと関節リウマチ治療薬

関節リウマチ 1度は聞いたことがあるかと思います。 今回は関節リウマチとその治療薬について学習します。 関節リウマチ 定義 病因 抗リウマチ薬 特徴 使う薬 非ステロイド性抗炎症薬 抗リウマチ薬 生物学的製剤 今日のQuestion // 関節リウマチ 定義 関節リ…

痛風と痛風治療薬

痛風 患者数は、現在100万人と言われています。 昔までは「オッサンの病気」でしたが、最近は女性の社会進出などで、女性にも痛風が見られるようになってきているようです。 今回はそんな痛風と痛風の治療薬について学習します。 // 痛風とプリン体と尿酸…

全身麻酔について学ぶ~名探偵コナン君の時計型麻酔銃と毛利小五郎

今回は「全身麻酔」について書きます。 // (全身麻酔といえば、「名探偵コナン」の 時計型麻酔銃、ということで、 そこについてもちらっと書きます!) まず全身麻酔とは? 全身麻酔の特徴 全身麻酔の歴史 全身麻酔薬の種類 麻酔薬の作用機序 そのほかの知…

高齢者が安全に薬物治療を進めるには?認知症への薬

今回は、 「高齢者の薬の取りかた」について、 また、認知症への薬について書いていきます。 アドヒアランスadherence 薬を急にやめてはいけない 認知症治療薬 認知症とは何か?定義は? 具体的にどんなお薬がある? 今日のQuestion // アドヒアランスadhere…

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ