医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

被験者バイトでドタキャンするな!直前でも連絡すべし!

今日は僕の愚痴もかねて、「被験者バイトの心構え」について書いていきます。

 

「このヤロウ!寝坊・遅刻・ドタキャンしてきやがった!」

私は今、一般人を相手に、人間を被験者にした実験をしています。(詳しくは以下の記事)www.medudent.com

人間を相手にした実験ですから色んなことはあるわけです。

  • 寝坊
  • 遅刻
  • ドタキャン

実は、僕は実験の中で、この全てをされました。僕の実験の中には、

  • 寝坊してきた被験者
  • 遅刻してきた被験者
  • ドタキャンしてきた被験者

全ています。今回は、そんな僕が言いたい。「被験者の心構え」を。

基本事項として

遅刻はするな

被験者バイトをやる人間は、絶対に遅刻してはいけません。

これは当たり前でしょう。

(他の実験アルバイトがどうか走りませんが)たいていの実験アルバイトは、勤務時間が契約で決まっています。契約を反故にするのは、社会人としてあるまじき行為でしょう。

実験を集団で行うにしても、個人個人で行うにしても、遅刻されると迷惑です。

  • 集団での実験に遅刻されると、皆が、遅刻した人を待たなくてはいけなくなることがあります。通常、実験バイトは「少し早めに」終了できるように勤務時間を設定してあります。遅刻されると、他の被験者さんの帰る時間が遅くなります。
  • 個人の実験にしてもすごく迷惑です。個人個人で実験を行う場合は、綿密なスケジューリングの下に、実験が行われています。一人に遅刻されると、実験時間が押してくる事があります。「遅刻されるならいっそ来なくても良い」とおっしゃる研究者の先生もいます。

なんにせよ、遅れてはいけません。遅れると分かった場合には早めに連絡しましょう。

 

キャンセルはええんやで

キャンセルはしても良いです。

大抵、人間の体を使った実験では、

  • 本人の自由な参加医師によって実験を行う
  • 本人がやめたいと思ったらすぐに実験をやめてよい

という条件の下で実験を行います。

「今回の実験キャンセルしたいな」と思ったら、いつでもキャンセルして大丈夫です。ただ、キャンセルする胸は必ず連絡しましょう。

万が一、遅刻するならorキャンセルしたいならすぐ連絡してください

この「連絡」が非常に重要です。

早く連絡してくださればよいのです。連絡さえしてくだされば、いろいろと対応ができます。

  • 遅刻します⇒別の日に実験を行いますか?
  • 欠席します⇒他の被験者さんに時間を移動してもらえないか頼む

なんでも対応はできるのです。

直前に「やっぱいけません」は困りますが、それでも連絡してくれるだけ良いです。

実験しない時間、研究者は休めるので、それでも仕方ないです。

ただ、何も連絡がないと、「この被験者は来るのかなあ?」と研究者たちは

  • 被験者に確認のメール
  • 被験者に電話
  • 被験者がいつ来ても問題ないように待機

することになります。しかも、このような時は、研究者らはいらいらします。「なんだよ、こいつ。連絡入れてこいよ」と。

別に、実験参加者(被験者さん)は研究者のためにいるわけではないですし、研究者の気を使う必要は無いですが、お互いに暖かい関係で実験を進めていくためにも、遅刻等される場合は早めの連絡をよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ