医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

なぜ?ブロガーが世間にブログを勧める理由

多くのブロガーが「みんなをブログを書こう!」なんて言ってます。(僕も大学生になったらブログを書こう~意識高い系「バイトは無駄」!?で書いています。)なぜでしょう?考えたことを書きました。

理由1:ブロガーの価値観の押しつけ

ブログは建設的活動!?

ブロガーの人は、「自分は建設的な活動をしている」とでも思っているのでしょう。確かに僕は「ゲームするよりは建設的」と思っています。ブロガーはこの考えをいろんな人に伝えたくて(自己の行為をより正当化する意味も含めて)、多くの人に「ブログを書いてほしい!」と思うのかもしれません。

儲かるのよ

儲ける手段として、ある程度まで成長すればブログは強いと思います。例えば、このブログは、毎月2000-3000円近く収入になっています。そうなれば、「毎日100円」が収入となるのです。

何もしなくても。

何もしなくても、毎日100円。たかが100円じゃねえかとは思いますが、されど100円です。

毎日100円ということは、時給800円のバイトを週に1時間するのと、ブロガーがバイトなどせずごろごろしていても、同じなのです。(さすがにゴロゴロし続けているわけではないし、僕は毎日100円収入が入るようになるまで、給料なしで頑張ってきたのだが...)

「書きたいこと適当に書いているだけ」です。(多少人の目は意識した文章は書きますが・・・)「言いたいこと言いたい放題書いているだけ」で

毎日100円。

大して儲からないとはいえ、やっている側からしたら嬉しいわけです。

 

家庭教師の方がもうかるが~100円の重みを知る

「家庭教師の方がもうかる」僕にとっては、これは真理です。

ただ、ブログの良さは「ブログ始めてみればわかるかもナア」なんて思います。たしかに、毎日100円と去年の僕が聞いても、「なんだそれ、カテキョーの方が楽だよ」なんて思ったはずです。絶対。

僕は昨年、片手間にカテキョーをするだけで40万(時給3000)円儲けました。(多少自慢)それくらいウハウハな経験をすると月に3000円とか、「ふーん」くらいなのです。

ただ、自分でブログ始めてみると、(僕が才能ないのかもしれないが)毎日100円は意外としんどかった。その分、毎日の100円がうれしいし、100円を大切にしようという、ケチな根性も身につくわけでございます。 

ケチな根性が身につくと書くと、ブログをかくのがいけないことになってしまいますが、まあ、いろいろ得るものがあったわけです。

皆様もぜひ、ブログに手を出してみてください!

理由2:ブロガーの輪を広げることで儲けようとする人もいる

なんとなく、僕がブログを始めてから、「このメソッドを使えば、あなたもこんなに多くの人に注目されるブロガーになれます(500円で情報を売ります)」のような文言をよく見ます。

このような「情報を売る人」がブロガーの中に入るわけです。(ブログを書くことを進める人ほど、このような情報を売っている。)

このような人たちからすれば、「500円払わなきゃ見えない情報」を売ることで儲けています。ゴミみたいな情報を高額で売っている人もいます。多くの人は、このような情報を買って、

  • 騙され続ける
  • 何だこのゴミ。これ売りつけたやつは信じないぞ。

以上どちらかとなるわけです。前者(騙され続ける人)は、不当に高いお金で、安っぽい情報を買い続けるカモになります。後者は、カモにはなりませんが、一時的な収入源となるのです。

 

ここで、「安い情報を売りつけてくる人」はどのようにすれば儲けられるでしょう?答えは簡単で、「ブログを書く人間の数を増やして、自分の情報への需要を高める」ことができればよいのです。

ブログを勧める多くのブロガーはこのように安い情報を売りつけてくるわけではありませんが、一部のブロガーは、情報を売ってもうけるために、ブログを勧めているなと感じます。

理由3:ブロガーからしたら書きやすい記事だから

これはいたってシンプルな理由です。

ブロガーの仕事は「ブログの記事を書くこと」です。ブログのネタを集めなければなりません。このネタとして一番使われるのが「自分の身近にある物の紹介」

「全ての」ブロガーにとって「ブログを書くこと」は「自分の身近にある物の紹介」なのです。

「不動産屋さん」が書くブログは「不動産を買いましょう」と紹介するでしょう。僕のような大学生ブロガーは、「大学生ってこんなもんだ」とブログを書きます。花屋さんブロガーは花屋さん、花について紹介するでしょう。

そして、全てのブロガーは「ブログ」について紹介するのです。「ブログってこんなもんだよ。ぜひ始めてみよう!」と。

そう思うと、ブロガーが「ブログを書こう」とお勧めするのは至極当たり前のようにも感じられます。

 

以上、「ブロガーが世間にブログを勧める理由」でした!

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ