医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部共用試験CBT/OSCEとは?/student doctor!?

今回は「医学部共用試験」であるCBT、OSCEについて書いていきます。また、「Student Doctor!」という存在についても書いていきます。

 

「医学部共用試験」であるCBT・OSCE

概要

CBT・OSCEはそれぞれ、試験の名前です。特に、医学部共用試験の名称です。

それぞれ、以下の略語になります。

  • OSCE:Objective Structured Clinical Examination(客観的臨床能力試験)
  • CBT:Computer Based Testing

「共用試験実施機構」が統括しています。

平成30年度は受験料が25000円でした。(試験1つに意外と高い!)

主に、医学部4年生の夏~冬の間に実施されます。

この試験は、「全ての医学部生」が受験します。

どちらの試験にも合格しなければ、5年生に進級できません。

OSCE

OSCEは「診療参加型臨床実習前に身に着けておかなければならない技能(診察手技等)や態度が試される試験」と定義されます。

OSCEは医学部生の間では「お医者さんごっこ」とも揶揄されます。(極めて洗練されたお医者さんごっこ....)

学生が、「お医者さん見習い」として働く技能があるかを調べる試験です。

この試験を乗り越えると「病院で、医者っぽくふるまえる」ことが保障されます。

 

CBT

CBTは「コンピューター画面上で、それまで学んだ内容が出題される。診療参加型臨床実習に不可欠な医療知識が試される試験」と定義されます。

CBTはいわゆる「ペーパーテスト」です。

「病院で働くために必要な知識持ってますか?」って試験です。医学部1-4年生の間で学んだ内容全てが試験範囲になる試験です。

CBTは学生一人一人に対して、コンピューターがランダムで問題を提示します。そのため、学生一人一人で出題される問題が違います。(カンニングなんて全く不可能な試験になります!)

運転免許で例えると

運転免許で例えると、

  • OSCE:実技試験
  • CBT:ペーパー試験

みたいな感じです。

Student Doctor!

はれてOSCE/CBTに合格すると、

  • 病院である程度の手技ができる(見習いくらいにはなれる)
  • 病院で実習ができるだけの知識がある程度はある

という技能・知識が保障されることになります。

ここで、医学部生は「Student Doctor」として病院で実習をします。

実際は、知識も技能も、本物の医師に全く及びません。

それまで(医学部1-4年の間)の勉強は「机上の勉強」だったのです。5年生以降はStudent Doctorとして「実際の現場」に出ることになります。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ