医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

英語プレゼン~質疑応答編

以前、英語のプレゼンのコツを紹介させていただきました。

大学のアメリカ人教師に聞く!英語でプレゼンのコツ~話・スライドの切り替え

今回は、「質疑応答編」です。

 

質疑応答は難しい

当たり前の話ですが、質疑応答は難しいです。発表は事前に原稿を作って、それをうまく話せば伝わりますが、質問は、相手からの言葉に答えなければなりません。

「即興」です。

質問がわかりやすい質問のことばかりではありません。意味不明な、とんちんかんな質問をしてくる人もいます。

トンチンカンな質問をする人は、質問の文章も冗長で、理解に苦しんだり・・・・今回はその対策を学びます。

質問対策

質問対策は質問開始前から始まっている~プレゼンは分かりやすく

トンチンカンな質問が出てくる原因は何でしょう?

それは、「聞き手が内容を理解しきれていない」ことが原因です。 

それは、相手が理解力がないのかもしれませんし、自分の発表が少し言葉足らずだったからかもしれません。

とにかく、「は?なんでそんな質問になるの?」となる原因は、「プレゼンが理解されていないこと」が原因となるのです。

つまり、このような質問を産まないためには、まず、「相手が理解するようなプレゼンをすること」が大切です。

質問時間が始まる前、プレゼンをしている時間にも、「質問対策」は始まっているのです。

 

質問のアナを作っておく

ちょっとずるいかもしれません。あえて、プレゼンに「つっこみどころ」を作っておきます。

おそらくその、「つっこみどころ」に関する質問がなされるでしょう。それ用に、「英語でのanswerの文章」を作っておきます。

一度、うまく受け答えができると、自分も自身が出てきて、それ以降の難しい質問にも答えられるようになったりします。

質問の英語がわからなかったときor答え方がわからなかったとき

英語の質問が理解できなかった場合

  • I’m not following you. Can you rephrase that more simply?
  • Sorry, I couldn’t understand that. Could you tell me that again, more slowly?
  • Could you tell me it again, more simply and slowly?

といいます。

答え方がわからなかった場合も、質問を言い直してもらいます。言い直してもらっている最中に答えを考えるという作戦です。

 

どうしようもないときは

諦めましょう。例文を貼っておきます。

  • I will consider about it.
  • Thank you for your advice.
  • 考えておきます。
  • アドバイスありがとうございます。

「どうしようもないとき」は万策尽きたときですので、なるべくこう言わなくて済むように、準備しておきましょう。

 

質疑応答に対応できない理由

質疑応答に対応できない理由としては3つあります。

  1. 発表の専門知識不足
  2. 専門用語が聞き取れない
  3. 専門の違う質問・新しい知識

これらを補ってプレゼンをするようにしましょう。

発表の専門知識不足

発表内容の専門知識が良くわかっていないと、質疑応答がしどろもどろになります。自分の答えられる範囲で答えようとすると、見当違いの答えを話していたりして、質疑応答がごちゃごちゃになってしまいます。

専門用語が聞き取れない

専門用語の発音を知らないと、英語で聞かれた時に何を言っているのか分からなくなります。

例えば、日本語なら、感覚的に、「あ、この言葉はなんとなくこういう意味だな」と分かりますが、英語だと「あれ、なんだこの単語?」どころではなく「どこまでが分からない単語かわからない・・・」となります。

例えば"I want to go to a foreign country."と言ったときに、foreignの単語を知らないと"for in"という単語だと思って聞いてしまう。そうなると本当に意味が分からなくなる。専門単語はよく聞き取れるようにしなければなりません。

専門分野の違う質問

これは本当に困る質問です。こっちはAという分野の話をしているのに、Bの専門の人がAの範囲に関して、Bなりの質問をしてくると大変です。

「そんな知識知るか!」という範囲から質問されます。

以上に書きました「専門地市域不足」「専門英単語知識不足」が同時に起こることになり本当につらいです。

出来る範囲で質問対策をなるべく進めてからプレゼンができるとよいですね。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ