医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

ウイルス学の各論の全体概要~膨大な各論の勉強法

ウイルス学の各論では、

ウイルスの名前をじゃんじゃん覚えていきます。

www.medudent.com


ここで

  • DNAウイルスかRNAウイルスか
  • 1本鎖DNA(RNA)ウイルスか2本鎖DNA(RNA)ウイルスか
  • (1本鎖RNAウイルスなら)プラス鎖かマイナス鎖か

による分類を書きました。

(今後も使うのでぜひ復習なさってください。)

今回はこの分類を行った各論の全体概要を学びます。

 

ウイルスの基本情報(復習)

ウイルスは核酸とカプシド(拡散を保護するタンパク質の殻)

が基本構造です。

そこに、「脂質二重膜のエンベロープ+膜たんぱく」

がさらに周りを覆っているときもあります。

 

核酸は主に2本差鎖のDNAウイルスと

主に1本鎖のRNAウイルスがあります。

RNAウイルスの方が変異しやすいのでした。

(インフルエンザウイルスなど)

ウイルスの分類と各論

・RNAウイルスとして

  • 1本鎖プラス鎖RNAウイルス
  • 1本鎖マイナス鎖RNAウイルス
  • 2本鎖RNAウイルス
  • 逆転写酵素を持つウイルス

・DNAウイルス

このような分類がなされています。

RNAウイルス

1本鎖プラス鎖RNAウイルス

ピコルナウイルス科

カリシウイルス科

アストロウイルス科

トガウイルス科

フラビウイルス科

ヘペウイルス科

コロナウイルス科

 

1本鎖マイナス鎖RNAウイルス

オルソミクソウイルス科

パラミクソウイルス科

ニューモウイルス科

ラブドウイルス科

アレナウイルス科

フィロウイルス科

ブニヤウイルス科

2本鎖RNAウイルス

レオウイルス科

逆転写酵素を持つウイルス

レトロウイルス科

ヘバドナウイルス科

DNAウイルス

ポックスウイルス科

ヘルペスウイルス科

アデノウイルス科

ハプローマウイルス科

ポリオーマウイルス科

パルボウイルス科

 

各論が多い時の勉強法

「各論」というと、

「セクション1の1番最初」から

順番に覚えていくようなイメージですが、

僕はあまりお勧めしません。

 

まず、最初に全体概要を覚えたほうが良いと思います。

中身が分からずともとりあえず、

「1本鎖マイナスRNAウイルスはオルソミクソウイルス、パラミクソウイルス・・・」

と覚えます。

一旦覚えた後に、

それぞれについての各論を定着させていきます。

 

常に全体を意識した勉強をするべきです。

 

各論ばかりをやっていると、

「このウイルスは〇〇の特徴を持って~」と

覚えますが、

ぞのウイルスが、「全体としてどのポジションにいるか」

が分からなくなります。

「木を見て森を見ず」状態になるのです。

全体を意識しておかないと、

知識量が増えたときに、知識がごっちゃになり忘れやすくなります。

今回の「ウイルス学の各論の全体概要」は

「木を見る前に、森を見る」作業です。

「総論」では森の全体概要を診ましたが、

今回は森の「木の一本一本の名前のチェック作業」です。

ぜひ、今回の記事を大切にして、

しっかり復習なさってください。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ