医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

グラム陰性球菌・淋病と淋菌・髄膜炎菌

細菌学の各論では、

菌の名前をじゃんじゃん覚えていきます。

www.medudent.com

ここで

  • グラム陰性・陽性
  • 菌の形(球菌・桿菌・らせん菌)
  • 嫌気性(通性嫌気性・偏性嫌気性)・好気性

による

細菌の分類を書きました。

(今後も使うのでぜひ復習なさってください。)

今回はこのうちで、

グラム陰性桿菌を扱います。

(グラム陰性菌は球菌と桿菌・らせん菌がありますが、今回は桿菌です。)

今回は特に「グラム陰性好気性桿菌」に焦点を当てます。

 

グラム陰性菌

グラム陰性菌については、主に、

  • グラム陰性通性嫌気性桿菌
  • グラム陰性好気性桿菌
  • グラム陰性好気性球菌
  • らせん菌

に分けられるようです。

今回は特に

グラム陰性好気性球菌(グラム陰性球菌はほぼ好気性)

を扱います。

グラム陰性好気性球菌

グラム陰性好気性球菌は以下の分類を受けます。

  • ナイセリア属菌
  • モラキセラ属菌
  • アシネトバクター属

以上が有名です。

それぞれについて見ていきましょう。

ナイセリア属菌

ナイセリア属菌には

淋病を引き起こす淋菌

髄膜炎を起こす髄膜炎菌

があります。

淋菌

ソラマメ状、腎臓の形をした菌です。

淋病を引き起こします。

淋病は、以下のような炎症を引き起こします。

  • 男性は尿道炎が多い。尿道から上向性に感染が拡大し、精巣炎・精巣上体炎・前立腺炎。
  • 女性は子宮頸管炎が多い。上向性に感染が拡大すると、子宮内膜炎。
  • 男女ともに、オーラルセックスによる咽頭炎も見られる。

淋病は性行為感染症ですが、

最も患者数の多い性感染症です。

日本でも増加傾向にあります。

男性の方が自覚症状が分かりやすいです。

髄膜炎菌

線毛があります。

侵襲性髄膜炎菌感染症を引き起こします。

病態としては、

  • 菌血症
  • 髄膜炎を伴わない敗血症
  • 髄膜船
  • 髄膜脳炎

4病態があります。

 

アフリカのサハラ以南で流行しています。

 

モラキセラ属菌

モラキセラ・カタラリスが代表的な菌です。

線毛があります。

鼻腔気道の常在菌です。

アシネトバクター属

自然環境中や、ヒトの皮膚から検知されます。

人工呼吸器を装着している患者さんの

肺炎を引き起こします。

(「医療関連感染」)

 

医療関連感染とは、

「医療機関において患者が、原疾患とは別に罹患した感染」です。

アシネトバクターは多剤耐性菌にもなるので注意が必要です。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ