医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

グラム陰性好気性桿菌・緑膿菌・百日咳

細菌学の各論では、

菌の名前をじゃんじゃん覚えていきます。

www.medudent.com

ここで

  • グラム陰性・陽性
  • 菌の形(球菌・桿菌・らせん菌)
  • 嫌気性(通性嫌気性・偏性嫌気性)・好気性

による

細菌の分類を書きました。

(今後も使うのでぜひ復習なさってください。)

今回はこのうちで、

グラム陰性桿菌を扱います。

(グラム陰性菌は球菌と桿菌・らせん菌がありますが、今回は桿菌です。)

今回は特に「グラム陰性好気性桿菌」に焦点を当てます。

 

グラム陰性菌

グラム陰性菌については、主に、

  • グラム陰性通性嫌気性桿菌
  • グラム陰性好気性桿菌
  • グラム陰性好気性球菌
  • らせん菌

に分けられるようです。

今回は特に

グラム陰性好気性桿菌

を扱います。

グラム陰性好気性桿菌

グラム陰性好気性桿菌は以下のものがあります。

  • シュードモナス属
  • ボルデテラ属
  • ブルセラ属
  • フランシセラ属
  • レジオネラ属
  • コクシエラ属

ではそれぞれについて見ていきましょう。

シュードモナス属ー緑膿菌

緑膿菌が有名です。

鞭毛をもちます。

包帯を緑色に染める膿を産生します。

通常は病気を起こしません(日和見感染で有名)

院内感染を起こし、

多剤耐性菌になってしまう菌としても有名です。

(多剤耐性緑膿菌)

ボルデテラ属ー百日咳菌

百日咳菌が有名です。

百日咳毒素が病気を引き起こします。

百日咳は1歳未満の子供で好発します。(死亡例もあります)

日本でも2007年には香川大学で流行したこともあります。

 

ブルセラ属

ブルセラ属の近は

人獣共通感染症を引き起こします。

(ヒツジ・ヤギ・ウシ・ブタ)

獣医師や、酪農に従事する人に多いです。

軽症の場合が多いですが、慢性化することもあります。

フランシセラ属ー野兎病菌

野兎病菌が有名です。

ウサギやげっ歯類が自然宿主です。

(人獣共通感染症)

日本では野生のウサギが減ったことで、

流行はなくなってきました。

過去には、野生のウサギやヤギををとって食べていた地域

(東北地方など)で流行していました。

レジオネラ属

レジオネラニューモフィリアで

レジオネラ感染症が引き起こされます。

至適温度が20-50度で増えます。

(温泉やプールで見られます。)

 

ポンティアック病やレジオネラ肺炎を引き起こします。

1976年のフィラデルフィアで大流行しました。

コクシエラ属

Q熱 Q fever

という病気を引き起こします。

 

節足動物・鳥類・げっ歯類・家畜やペットに感染しますが、

ほとんどが無徴候です。

動物の胎盤で増殖し、

流産・死産を引き起こしてしまいます。

 

以上、グラム陰性好気性桿菌でした!

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ