医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

グラム陰性通性嫌気性桿菌・大腸菌O157・赤痢・インフルエンザ「菌」!?

細菌学の各論では、

菌の名前をじゃんじゃん覚えていきます。

www.medudent.com

ここで

  • グラム陰性・陽性
  • 菌の形(球菌・桿菌・らせん菌)
  • 嫌気性(通性嫌気性・偏性嫌気性)・好気性

による

細菌の分類を書きました。

(今後も使うのでぜひ復習なさってください。)

今回はこのうちで、

グラム陰性桿菌を扱います。

(グラム陰性菌は球菌と桿菌・らせん菌がありますが、今回は桿菌です。)

今回は特に「グラム陰性通性嫌気性桿菌」に焦点を当てます。

 

グラム陰性菌

グラム陰性菌については、主に、

  • グラム陰性通性嫌気性桿菌
  • グラム陰性好気性桿菌
  • グラム陰性好気性球菌
  • らせん菌

に分けられるようです。

今回は特に

グラム陰性通性嫌気性桿菌

を扱います。

グラム陰性通性嫌気性桿菌

グラム陰性通性嫌気性桿菌は以下に分けられます。

・腸内細菌科

  • エシェリキア属
  • シゲラ属
  • サルモネラ属
  • エルシニア属
  • クレブシレア属

・ビブリオ科

  • ビブリオ属

・その他

  • ヘモフィリス属

ではそれぞれについて見ていきましょう。

 

腸内細菌科

腸内に生息する細菌が多い。

腸内に存在するだけでは病気にはなりませんが、

何らかのメカニズムで細胞に侵入して悪さをします。

エシェリキア属ー大腸菌

エシェリキア属といえば大腸菌です。

「O157」なんて有名かと思います。

 

大腸菌には

  • O抗原を持つもの(171種類)
  • H抗原を持つもの(56種類)
  • K抗原を持つもの(80種類)

があります。

O157とは、O抗原の番号157ということです。

 

通常の大腸菌そのものは腸管内常在菌ですが、

腸管病原性大腸菌というものも存在します。

(イイモンの大腸菌とワルモノの大腸菌があって、病気を起こすのはワルモノ)

病気を引き起こす腸管病原性大腸菌は以下のものです。

  • 腸管病原性大腸菌(狭義)(小児の急性胃腸炎の原因)
  • 腸管組織侵入性大腸菌(途上国に多く赤痢に似た症状)
  • 毒素原性大腸菌(コレラ毒素に似た症状・途上国の下痢症)
  • 腸管出血性大腸菌(O157が有名。日本など先進国でも繰り返し大規模な流行を起こしている)
  • 腸管凝集付着性大腸菌

シゲラ属ー赤痢菌

シゲラ属と言えば、赤痢菌です。

赤痢菌の発見には日本人の志賀潔が有名ですね。

 

細菌性の赤痢を引き起こします。

(アメーバ赤痢は原虫による感染症)

衛生環境の悪い途上国に多いです。

サルモネラ属ーチフス

サルモネラ属による菌は以下のものがあります。

  • チフス菌
  • パラチフス菌
  • ゲルトネル菌
  • ネズミチフス菌

これらにより以下の感染症が引き起こされます。

腸チフス・パラチフス(途上国に流行。バラ疹・脾腫・除脈の三大徴候)

サルモネラ症(加熱されていない肉や卵による食中毒)

 

エルシニア属ーペスト

ペストの自然宿主はげっ歯類です。

ネズミを吸血したノミから人間に感染します。

黒死病と言われ14世紀のヨーロッパに壊滅的被害を与えました。

ペストにも

  • 腺ペスト
  • 肺血症ペスト
  • 肺ペスト(死亡率が高い)

とあります。

その他の腸内細菌

  • クラブシエラ属菌
  • エンテロバクター属
  • セラチア属

などがあります。

ビブリオ科ービブリオ属

ビブリオ属としてはコレラ菌が有名です。

コレラは今も世界的に大流行をしています。

コレラは下痢が出まくるので、

トイレにいけないくらいひどく出るので、

寝ながら便を垂れ流しできる「コレラベッド」などもあります。

その他の科ーヘモフィルス属ーインフルエンザ菌

インフルエンザは、

インフルエンザウイルスで引き起こされますが、

昔は、「インフルエンザ菌」が引き起こすとされていたため、

このような名前になりました。

気道の常在菌ですが、高齢者に病気を引き起こします。

 

以上「グラム陰性通性嫌気性桿菌」でした。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ