医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

目の色・髪の色の差別と偏見の実態~人は見た目で判断される...

今回のテーマは「目の色・髪の色の差別と偏見」と

書きましたが、「人種問題」ではありません!

ただ今回は「髪の毛の色への偏見」をテーマに、

記事を書いていこうと思います。

 

髪の毛の色が変わる

東医体・西医体

以前記事に書きました。

医学部生の部活動大会です。

 

なぜかわからないのですが、

東医体・西医体では、

「医学部生が髪の毛の色を奇抜にする」

風習があります。

 

僕自身、去年は髪の毛の色を赤色にしました。

今年も赤色にした日はありました。

大会中は赤色でも全く目立たないのですが、

(みんな髪の毛の色を奇抜にしているため)

街中だとやはり目立ちます。

人は見た目で判断する

髪の毛の色が赤色になってからわかることは以下の通りです。

(田舎)

 

  • おばちゃんがめっちゃ見てくる(凝視・二度見・しまいには後ろ振り返って凝視)
  • 子供や高校生がめっちゃ見てくる
  • 子供の親は「紙の色が変なヤツ」に子供を近づけないようにする
  • 外食店などの定員さんの対応が少し悪くなる
  • コンビニに入ったときに、少し変な視線を感じる
  • 町中歩いていても明らかに目線が集まっていることを感じる

 

実は、東京に行けば誰も気にしません。

(やっぱり東京は他社への関心が薄いところやなあと再認識します。)

ただ、田舎だと以上の「視線を感じる」などの

被害(?)を受けます。

見た目で判断するのは仕方ない

人間が見た目・立場で判断してしまうのは仕方ないです。

「〇〇大学医学部」の学生証を提出した時に、

急にぺこぺこしだす、気持ち悪い市役所の職員などもいます。

それは仕方ないです。

 

ただ、この髪の色を変えれば、以下のことが分かります。

「自分は髪の色が変わっているからと言って偏見はしない人間だ。」と思っていた。

多分、僕をじろじろ見てくるあのおばちゃんも、

「髪の色で差別はよくない」と思っている。

ただ、僕らは、「無意識のうちに」差別、もしくはそれに似た行為をしている

それは仕方ないことだ。

ただ、「自分は、人を容姿で判断してしまうことがある。」と言う事実は念頭に置いておかなければならない

「日本にいる外国人」が「日本人は外国人をじろじろ見る。」なんて言います。

僕ら日本人は、「外国人だ」と思っているだけで、

じろじろ見ているつもりはありません。

ただ、やはり、無意識のうちに、じろじろ見ているのかもしれません。

 

髪の色、一度、変えてみなよ

髪の毛の色による差別・偏見は、

おそらく一度体験しなければ分からないでしょう。

(将来、医者になる方は、将来自分が髪の色の違う人に対する偏見をしないためにも、一度自分の紙の色を変えてみることをお勧めします。)

 

ただ、髪の色変えるのって、

(特に赤色とか青色とか緑色とか)

結構お金かかるんですよね。

 

そんな人には、カラーワックスがお勧めです。

EMAJINY Silver Arrow 74A(シルバーヘアカラーワックス)銀【日本製】EMAJINY Emajiny Red E73(レッドヘアカラーワックス)赤【日本製】

EMAJINY Sax Gold S46(ゴールドヘアカラーワックス)金【日本製】EMAJINY Mysterious Blue M25(ブルーヘアカラーワックス)青【日本製】

(画像クリックでAmazon商品ページへ)

 

カラーワックスはシャワーを浴びると、

すぐに落ちます。

ただ、結構、色は付けることができます。

「一日限定で髪の色赤色にします。」

なんて人にはお勧めです。

 

髪の色抜かなくても、結構、良い色になります。

 

以上、多少まとまりのない文章になりましたが、

「目の色・髪の色の差別と偏見の実態~人は見た目で判断される」でした!

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ