医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部生にはクリスマスがない!?医学部生のクリスマス

今回は「医学部生にはクリスマスがなかったりする話」ということで記事を書いていきます。

 

医学部生にはクリスマスはない!?

ここで一つ、面白い話をしましょう。

僕の大学、また僕の隣の県にある大学、また、僕の友達の大学では、今年、12/24に試験があったり12/25に試験があったり、12/26に試験があったり・・・・

12/24に試験がある分には良いのです。12/24の午後から12/25にかけてクリスマスをエンジョイすればよいのですから。

しかしながら、12/25、12/26に試験がる場合が大変です。12/24夜-12/25朝は遊びまくっても良いのですが、試験があるため、どうしても羽目は外せません。(というか試験二日前ともなると、勉強ばかりすることになるでしょう。)

つまり、医学部にはクリスマスという考えがなかったりするのです。

医学部生の対策

医学部では「クリスマスがない」ことがあります。

この対策として医学部生は

  • 早めにクリスマスを迎えておく(少数派):なんだかんだいって試験前にパーティーなんてできないからこれは少数派。
  • 試験が終わってからクリスマスという事にする(多数派)

という対策をとります。試験が終わってからクリスマス会にすれば、「クリスマス会・兼・試験お疲れ様会」なんて開くことができます。試験の疲れも和らぎ、ストレスの発散にもなるので、後者が多数派を占めるでしょう。

 

とはいっても普通にクリスマスはあるよ

そんなこと言いつつ、なんだかんだいって、クリスマスはあります。クリスマスがない医学部生はごく一部でしょう。

多くの学生はクリスマスを楽しみます。

大学一年生の頃は、高校の友達ともコンタクトが多いので、地元でクリスマスを楽しんだりします。そこから上級生になるにつれて、地元ではなく、大学県で過ごす人が増えてきます。

大学5年生レベルまで来ると、地元に帰っても友達の大半は就職していて忙しいので、大学県に残る人がとても多いようです。(それか海外に行ったり。)

参考:医学部生の正月の過ごし方( https://www.medudent.com/entry/med-happy-newyear )

折角のクリスマス・正月は楽しみたいものです。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ