医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部奨学金は危険!奨学金に縛られるデメリット

医学部は「奨学金」が充実しています。

ただ、なるべく奨学金はとらないほうが良いでしょう。

今回はその理由を書いていきます。

 

医学部の奨学金

3タイプの奨学金

まず、医学部は奨学金が充実しているという話から始めましょう。

医学部生には3つのタイプの奨学金があります。

  1. 給付型奨学金(日本学生支援機構など。低金利だったりする)
  2. 貸与型奨学金(日本だと低所得者向けには開かれている)
  3. 条件付給付型奨学金(地方自治体が運営。特定の自治体で指定される病院で働けば返さなくてよい。指定されていない病院で働くときは返還の義務が出てくる。)

医学部では特に3つ目の奨学金が充実しています。

例えば地方に行けば、大体は「うちの県に残ってくれれば月10万円渡します。」

という奨学金を取り扱っています。

私立病院が独自に運営する奨学金もあます。(「うちの系列病院で働いてくれれば、月10万円渡します。」というもの)

これらを組み合わせれば、月20万円は必ずもらえるでしょう。

下手すると、月30万円も夢ではありません。

月30万円といえば、(税金関連で多少引かれることもありますが)

年収360万円です。

魅力的ですね。

ただ、僕はこれらの条件付き給付型奨学金制度には

一切手を出すべきではないと主張します。

奨学金の条件

奨学金の条件はどのようになっているのでしょう。

大体は、(数値は地方により異なるとして)

「給付期間と同期間、県が指定した病院で、卒後数年間の間に働いてください。」

となっていることが多いです。

1年生の時に借り始めると、

「卒後12年間の間で、いつでもいいから6年間、県が指定した病院で働いてください」

という条件になることが多いです。

 

医学部奨学金がなぜ危険なのか

医学部条件付き奨学金の危険性のポイントを2つ書いていきます。

選択肢が狭まる

 

医学部奨学金の危険性の一番のデメリット、

「選択肢が狭まること」にあります。

例えば、最近、医者の専門医制度が変更になりました。

特定の病院で勉強して専門医を取ります。

もし、県が指定する病院で専門医が取れなかったら、

あなたは専門医をあきらめるしかありません。

もし、指定する病院で専門医が取れるとしても、

そこには定員があります。

 

奨学金をとっていない医者の場合、「県が指定していない病院」でも、「県が指定している病院」でも、どちらでも、すべての病院で研修をする選択肢、チャンスがあります。一方で、奨学金をとっていると、「県が指定する病院」でしかチャンスがありません。もちろん県外にも出られません。「奨学金をとっていた者同士」で枠を争うことになります。奨学金をとるとその枠争いがハードになります。

 

ほかにも、「あの病院に行きたい」と思ってもその夢はかなわなくなります。

「あの病院は給与がいいから行きたい」と思ってもいけません。

学生の時の1か月10万円のために、

年収何百万を逃してしまうかもしれません。

利子が高すぎる

そのような、「奨学金に縛られたくない」と思って、

奨学金を返済することにしましょう。

(返済すれば、指定の病院で働かなくてもよくなります。)

 

ただ、医学部の条件付き奨学金の利子は、高すぎます。

年利10%がよくある話です。

1年生から奨学金を借り始めたとすると、

卒業するころには

120万円×「1.1の六乗」=120*1.77

で212万円にもなっています。

90万円も借金が増えるのです。

まとめ

よほど困っていない限り、奨学金は避けたほうが良い。

バイトで何とかやりくりできるなら、やりくりするべき。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ