医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部生が医学部を鼻にかけて、うざい理由

今回は「医学部生が医学部を鼻にかけて、うざい理由」を書いていきます。

 

医学部のやつはうざい

「医学部のやつはうざい奴が多い。」

ここまで、はっきりという人はいませんが、

  • 「医学部の人って変わってる人多いよね」
  • 「医学部の人って自信家多いよね」
  • 「医学部の人って自分語りする奴多いよね」

みたいな話を聞くことはあります。そして、何より僕自身、「医学部のやつって(仲良くなって相手のことを理解しない限り)うざい人多いかもなあ」と思うことがあります。僕自身も傍から見たらうざい奴かもしれません。ではなぜそうなるのか見ていきましょう。

うざい理由

ではここからうざい理由を書いていきましょう。

自信家が多い!

「自信家」と言えば聞こえは良いですが、むしろ、「自信満々で人の話をあまり聞かず、自分の意見をどこまでも貫き通そうとする人」ということです。

来れには当人のプライドの高さが原因にあるでしょう。

医学部は入試の難易度が高めです。その入試をクリアしてきた人たちは、「ある程度は」優秀で、それまでチヤホヤされてきたこともあるでしょう。そんなわけで自信家が多かったりします。

 

医学部自慢がある

入試難易度が高いことも相まって「僕は医学部です」みたいに強調する人がいることも事実です。特に、自身の大学の、医学部以外の学部の入試難易度があまり高くない学校の学生は、「医学部です」と言いたがる傾向があるでしょう。

本人からしたら、多少は、医学部であることにプライドはあるのかもしれませんが、興味がない人から見たら、どうでもよい話です。「なに学部の自慢までし始めてんねん。あほか。」と言われるのもまた当たり前。

「医学部は自信家/自慢が多い」理由はそんな所にあるでしょう。

自己主張/自慢が激しい

「自己主張/自慢」が激しい人は、学部生になってもいます。こっちが興味ないところまで「自分語り」してくる人。

どちらかというと、「優等生タイプ」の学生に多いかもしれません。優等生タイプの学生は、高校までで

  • 色んな人に褒められてきた
  • 色んな人に褒められなきゃいけなかった(高校入試の内申評価など)

という環境の特性上、無意識のうちに自己主張がはげしかったり、自己表現の場を求めているように見えます。傍から見たら、悪いとも思いませんが、多少ウザったく思え荒れても仕方がないでしょう。

今回は「医学部の人がうざい理由」をテーマに記事を書いてきました。ここに書いているようなうざい人のみではありません。このようなうざい人に囲まれることで、逆に、めちゃくちゃ性格の良い人もいます。(うざい人の中にも仲良くなってみれば性格が良い人もいます。表現が下手なだけで。)

ぜひ、皆で仲良くなりましょう。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ