医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部は金持ちが多い?国立と私立~医学部の金銭事情

高校の友達に言われます。「医学部って金持ち多いよな~」

今回は「医学部は金持ち多いのか?」について書きたいと思います。

僕が一番わかっているだろう(知識のひけらかし)

  • 私立医学部は金持ちが多い?
  • 国立医学部は金持ちは少ない?

そういう会話も聞いたりします。

僕は兄弟が私立、自分が国立なので、ここの違いについてよくわかっていると思います。そんなわけですので、以下の内容は信用してください。

金持ち多い!?

ぶっちゃけ金持ちは多いと思います。

金持ちというより、

お金の使い方がちょっと変わっている人がいます....

(ことあるごとの、お金の使い方がすごかったり。たまたま例外に僕が会っているだけかもしれませんが...)

 

もちろん普通の人もいます。(自分は普通のつもり)

国立でも私立でも金使いの粗い人はいるようです。

ただ、正直、話で聞く限りでは、私立の方が、お金の使い方がすごい人が多いのではないかと思います。

私立は東京に多くあるため、お金の使いどころが多い(遊ぶ場所がたくさんある)というのも、私立医学生がお金使いが粗いと思われる原因かもしれません。

金持ちが多い理由

塾の存在が大きい!と思います。

僕は勉学は人生の逆転を起こしやすいツールだと思っています。

ただ、近年の受験事情を考えれば、「塾に行っているやつは強い」です。

「塾に行く人には金がある」これも事実です。

どうしても、「塾に行かせることのできる」家庭の子供が、医学部に合格しやすいです。必然的に医学部には、お金持ちは多くなってしまいます。

私立の方が金持ち

同じような理屈が、私立医学部にも言えます。

そもそも、「私立医学部に行こうとする」人は金持ちが多いです。

「私立に合格したけど、金銭的に国立大に進学した」という人も多くいます。

そうすると、私立医学部に子供を行かせてやれる家庭ばかりが、私立医学部にいます。

必然的に金銭感覚は世間一般とは違う人が多くなると思います。

 

それでも、「お金がなければやっていけない」というわけではないです。私立にも、奨学金を借りて、一生懸命やっておられる方もおられるようです。

国立大学の身としては

国立大学に通う身としては、

  • 「やっぱ私立高いよなあ」
  • 「私立医学部は、学生からお金をとるシステムしっかりしてるなあ」

とか思ったりもします。

一方で、私立大学は、国家試験等の試験の成績をよくするために、カリキュラムがしっかりしていたり、新旧が厳しかったりするとも感じます。(金を払っているだけのことはある。コスパはともかく。)

うらやましいです。

逆に言えば、ゆるゆるの国立でよかったなあとも思います。(国立でも進級厳しいところはあるし、私立でも進級が緩いところもあるから一概には言えませんが....)

余談ですが

面白い話が合あります。

医学部に進学してからも、国家試験対策の予備校があります。(医師国家試験対策東進みたいな感じ)

学校でまとめて予備校に登録したり講座をとったりするのですが、私立の方が国立より講座費用が高いという話も聞きます。(真偽は若干微妙)

(この話が正しいとするならば)国家試験対策予備校なども、「私立は金持ちが多い」と認知しているようです。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ