医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医動物学各論~原虫の分類「根足・鞭毛・胞子」or「寄生部位による分類」

今回は「医動物」の学習をしていきます。

医動物とは何か?

医動物とは、いわゆる

「微生物の内の、細胞性微生物」

「細胞性微生物の中でも、特に真核生物」

のことです。

 

微生物の分類方法についてはこちらの記事で↓

微生物って何?細菌とウイルスの違いは?腐るとは? 

真核生物についてはこちらの記事で↓

細胞性微生物~真核生物=原虫+蠕虫

学習しました。

今日から、医動物について、もっと詳しく学習していきます。

 

今日は特に、「原虫」について学習します。

特に、「原虫の分類方法」について学習します。

(医動物=原虫+蠕虫+真菌)

以下、細胞性微生物~真核生物=原虫+蠕虫で学習た内容を含みます。

原虫類の特徴

原虫類は

「運動性ある従属栄養の動物性単細胞真核生物」です。

接触、運動、代謝、生殖を単細胞で行います。

  • 個体は単一細胞
  • 無性生殖(胞子虫類は無性生殖と有性生殖の両方)

このような特徴があります。

原虫類の分類

根足・鞭毛・胞子

原虫類は以下の3つに分けられます。

  • 根足虫類(赤痢アメーバ など)
  • 鞭毛虫類(アフリカトリパノソーマ・膣トリコモナス など)
  • 胞子虫類(マラリア原虫・トキソプラズマ原虫・サイクロスポーラ など)

 

 

以上の内容は細胞性微生物~真核生物=原虫+蠕虫でも学びました。

根足虫類 赤痢アメーバ
アカントアメーバ
鞭毛虫類 ランブル鞭毛虫
トリコモナス
トリパノソーマ
リューシュマニア
胞子虫類 プラスモジウム
トキソプラズマ
クリプトポジウム
サイクロスポラ
イソスポラ
繊毛虫類 パランチジウム

今回は別の分類法も紹介いたします。

寄生部位による原虫の分類

寄生部位による原虫の分類もできるのです。

  • 腸管寄生原虫
  • 血液・組織寄生原虫
  • 泌尿生殖器寄生原虫

腸管寄生原虫は以下の赤字です。

血液・組織寄生原虫は以下の青字です。

泌尿生殖器寄生原虫は以下の緑字です

根足虫類 赤痢アメーバ
アカントアメーバ
鞭毛虫類 ランブル鞭毛虫
トリコモナス
トリパノソーマ
リューシュマニア
胞子虫類 プラスモジウム
トキソプラズマ
クリプトポジウム
サイクロスポラ
イソスポラ
繊毛虫類 パランチジウム

 

完全に言い切れない所もありますが、

大まかにはこんな感じです。

 

寄生部位による分類のメリット

「根足・鞭毛・胞子」による分類は、

「原虫の見た目」で分類する方法でした。

分かりやすい分類方法です。

 

では

「寄生部位による分類」のメリットは?

それは「寄生部位が似ているものは、病態なども似ている」

という事です。

例えば、「腸管寄生原虫」は下痢を起こすことが多いです。

下痢で人間の体から出て、

感染を広げたりします。

 

このように、見ため以外の特徴が、

似ていることがあるのです。

このような分類があることも知っておきましょう。

 

以上「医動物学各論~原虫の分類「根足・鞭毛・胞子」or「寄生部位による分類」」でした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ