医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

防御率は率で打率は割合~野球から統計学を学ぶ

イントロダクション~率と割合

今回は「率」と「割合」に関して勉強します。同じような言葉ですが、意味は全く違います。今回の記事の題名にもなっていますが、(統計学の定義的には) 野球の防御率は「率」であり、打率は「割合」です。打「率」なのに、定義的には、「割合」です。

日常生活の中でも、「率」「割合」という言葉は、多く見受けられます。打率や防御率のほかにも、結婚率、離婚率、死亡率、生存率などです。打率のように、「~率」とは言うものの、「割合」を示しているものもあります。

では、その、率と割合について学んでいきましょう。

 

「率」と「割合」の定義

「率」と「割合」の定義はちょいと難しいです。

  • 割合:分子が分母に含まれる分数。次元を持たない0~1の値をとる。
  • 率:単位時間当たりの変化を表す分数。次元があり、1以上の数値も取りうる。

少し難しいので具体例を見てみましょう。

「率」と「割合」の具体例

割合

例えば、割合の具体例を見てみましょう。

  • 「今年生まれた子供の女児の割合」=「女児の数÷(男児の数+女児の数)」・・・分子が分母に含まれる分数。次元を持たない0~1の値をとる。
  • 「打率」=「ヒットを打った打席数÷(ヒットを打った打席数+ヒットを打たなかった打席数)」・・・分子が分母に含まれる分数。次元を持たない0~1の値をとる。

次に、率の具体例を見てみましょう。

  • 「離婚率」ex.3分に1組のペアが離婚する。・・・単位時間当たりの変化を表す分数
  • 「防御率」=「もしピッチャーが9回を投げた時に、自責点が難点つくかを表した数」・・・単位時間当たりの変化を表す分数

 

具体例から、なんとなく率と割合の違いが分かったでしょうか?割合は0~1しかとらず、率は1以上も取るというのが分かりやすいかもしれません。割合は、「全体の中のどのくらい?」という数値で、率は「グラフで書くとこのくらいの傾きです」という感じです。(説明下手や。ごめんなさい。)

 

問題Question

説明ばかり聞いても、記憶に定着しないでしょうから、問題を解いてみましょう。

Q離婚率は率でかけるか?割合で書けるか?

答えは「A.率ででも、割合ででも書ける。」

「はあ?さっきと話違うやんけ」となった方はごめんなさい。

離婚率でも、書き方が二つあるのです。先ほどのように、「3分に1組のペアが離婚する」と書いた場合の離婚率は、「率」です。しかし、もし、「100組に1組のカップルが離婚する」とかけば、これは「離婚したカップルの数÷離婚したカップルの数+離婚しなかったカップルの数」とかけます。

同じ「離婚率」でも「3分に1組のペアが離婚する」と書けば「率」に、「100組に1組のカップルが離婚する」と書けば、「割合」となるのです。

今回は率と割合について勉強しました、意味・定義・記憶があいまいになりやすいところなので、ぜひ復習なさってください。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ