医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

再試体験日記~再試と発覚した日・絶望と焦り

今回は医学部アルアルの再試について書きます。

 

再試

医学部にいれば必ず口にする言葉がある。

「再試」、再試験である。

本試験で6割以上の点数を取れないと、

(合格ラインに届かないと)

再試になる。

今回はそんな僕の再試物語である。

再試と発覚した日

僕は自分の目を疑った。

本試験の成績通知で、「不合格」の文字があったからである。

自分で言うのもあれだが、

僕は結構、「成績優秀」である。

実はここまでGPAの平均は医学部でも3を超えている。

つまり、まあ、優秀なのである。

 

もちろん、再試験にかかったことなどもなかった。

今回はやばいかなーとか思っていても、

気づいたら合格はしているのである。

 

ちなみに僕はヤマを当てるのがうまい。

「ここテストに出るやろなあ」なんて思ったところは

だいたい試験に出るのである。

 

だからこそ、「不合格」の文字を見たときは、

ちょっと動揺した。

たしかに今回のテストは、

いつもより勉強しないで挑んでいた。

ただ、なんとか合格するものとは思っていたのである。

 

それでも落ちた。

努力が足りなかったのである。

 

ブログ毎日更新がきつく!?

まず、再試になったとわかったときに始めにしたことは、

「ブログの書きかけの記事を書くのをやめた」

ことである。

悠長に、ブログを買い手などいられない。

「本のレビュー」なんてしている時間があれば、

勉強して再試に備えなければならない。

 

世の中には、

  • 本試験より簡単な再試
  • 本試験と同レベルの再試
  • 本試験より難しい再試

の2つがあるが、

今回はどちらかと言うと

  • 本試験より難しい再試

である。

本誌程度でさえ落ちた僕は

(僕以外にも4,50人は落ちているが)

ブログを書いている余裕などないのである。

 

さて、ここで問題になるのが、

「これまで続けてきたブログ毎日更新をやめるか?」

そんなことは嫌である。

ただ、毎日更新に向けて記事を書くのも無理である。

ここで気がついた。

ブログを書けばよいではないか

「際しまでの勉強の日々と感情を

 ブログにすればよいではないか」と。

そこで急遽、このような記事を書いているのであります。

 

ここまで読んでいる方はお察しですが、

今の僕は焦っています。

文体も多分めちゃくちゃで読みにくい文章です。

これから、少しづつ、

毎日の気持ちでお書いていこうかなと思っています。

 

コレの面白いことは何かというと

  1. 後で見返せること
  2. 再試にかかったことない人に再試の人の気持ちを見せられること

です。

まあ、これから勉強頑張ります

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ