医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

医学部専門の教科書を売る!?~電子書籍に切り替え紙書籍を売る選択

先日、「受験参考書を高額で売れる」

(それ専門の買い取り機関が存在する)

と書きました。

今回は「大学の教科書が売れる(専門の場所で)」というはなしです。

大学の教科書を売るとは?

医学書・医学専門書をはじめ、医療関係の本は大手の古本屋ではなかなか売れません。

買取価格が安いことも多いです。

受験参考書同様ここで問題が出てきます。

学校を卒業する際に教科書・専門書をどうするか?

卒業でなくても、最近は髪書籍ではなく電子書籍で十分なため、

「紙の本は処分したい」という人が多いと思います。

(僕はそういう経緯で利用しました。)

ただ、売れないし、他の人も電子書籍を使うからあげるわけにもいかない。

コミックやCD・DVDのように売ることを選択される方は非常に少ないのが現状です。

 

これから紹介しますのは、

医学書・医学専門書、看護学・薬学の大学教科書や

専門書・教材、理学療法・作業療 法・運動療法などの

教科書や専門書・教材の買取に特化したサイトです。

 特化しているため、 古本全般を買い取りしている サイトよりも良いです。

 

ちなみに全ての会社の共通点として、

教科書も鮮度が大事、使わなくなった教科書は改訂される前に買い取ってもらう方が買取価格は高くなります。

ではいろいろな「医学書専門古本買取店」今回は4つです。

見ていきましょう。

どんな会社があるのか

主に4つあります。

それぞれのサイトへのリンクと紹介を書いていきます。

テキストポン

テキストポンでは、

買取対象書籍を5冊以上送れば送料無料(着払い)になります。

5冊というのは、他の会社に比べれば少ない方だと思います。

「大学の教科書」であれば、医学書はもちろん、

他の分野の本でも扱ってもらえます。

一般教養の教科書とか使えるかも?)

BOOK RIVER

 BOOK RIVERの特徴は、CDやDVDまで売れるところです。

web上にて買取金額を瞬時に調べることができます。 

(CD・DVDのJANコードを入力すれば瞬時に買取価格を調べられます。)

 

今回紹介している買取店の中では、

どちらかというと「医学専門」というよりは

幅広くジャンルが広げてある印象です。

1冊ごとの値段を教えてもらえるところも、ここのメリットです。

事前査定にて買取金額が¥2000以上からの申込みとなります。

1冊から送料無料にて申し込めます。

メディカルマスター

メディカルマスターではスピード査定を行っており、

到着翌日から3営業日以内に買取代金のお 支払いまで完了

発行後から1年以内の本は15~30%の買い取りが目安とされています。

10冊以上で送料無料です。

専門書アカデミー

専門書アカデミーのポイントは

およその値段が自分でも概算できる」という点です。

初版から3ヶ月のものはおよそ定価の30%

半年のものはおよそ定価の20%

1年以内のものはおよそ定価のの15%

とだいたい自分で概算できるところがポイントです。

10冊以上で送料無料です。

ぶっちゃけた話どこで売るのでもよい

発行の新しい書籍や、価値のある本は どこよりも高価買取に努めています。

正直、僕がいろんな人がこれらのサイトを使っているのを見て感じることは、

「高く売ろう売ろうとせこせこするべきではない」

「お気に入りの一社を決めてお世話になればよい」

ということです。

買取査定が自力でも若干できる会社がありますが、

正直査定金額はどこも50歩100歩です。

査定後に返品してもらう時は、

送料がこちらもちになっていることが多いです。

わざわざ返品してもらうことは少ないでしょう。)

 「面倒だからこれでいいや。」ってなると思います。

 

いろんな買取専門店をつかってせこせこ汗流すより、

雰囲気お気に入りのサイトで良いと思います。

 

以上、「医学部専門の教科書を売る!?」でした!

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ