医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

細菌学各論~小さい細菌(マイコプラズマ・リケッチア・クラミジア)

今回は、

マイコプラズマ・リケッチア・クラミジア

について学習します。

 

小さい細菌

マイコプラズマ・リケッチア・クラミジアの特徴は

「細菌の中でも特に小さい」ということです。

普通の細菌は

0.5-10μmですが

  • マイコプラズマ:0.1-0.5μm
  • リケッチア:0.2-2.0μm
  • クラミジア:0.2-0.3μm

このようにとても小さいのです。

そのような特徴があります。

マイコプラズマ

小さい細菌の中でも、最も小さく、

「最小の自由生活・自己複製性微生物」と言われています。

 

ヒトから分離されるマイコプラズマ種はたくさんあります。

マイコプラズマ肺炎(強い乾性咳が有名)

などがあります。

マイコプラズマ肺炎では、

細菌が、過酸化水素を産生し、直接的な組織障害がおこります。

 

リケッチア

リケッチアも小さな細菌です。

節足動物がベクター(媒介動物)となります。

 

リケッチアの特徴は、「偏性細胞内寄生体」です。

「偏性細胞内寄生体」は

  • 細胞外で増殖できず、単独で培養できない
  • 宿主の細胞内で増殖する

という「ウイルスみたいな」細菌です。

 

偏性細胞内寄生体としては、

  • 全てのウイルス
  • 一部の真正細菌(リケッチア・クラミジア)
  • 一部の原虫(トキソプラズマ・リューシェマニア)

これらが「偏性細胞内寄生体」です。

 

リケッチアが引き起こす病気としては

  • 発疹チフス(シラミがヒトからヒトに広める)
  • 日本紅斑熱(マダニが感染を広めている)
  • つつがむし病(ツツガムシによって広まる。昔はアカツツガムシだったが、最近はタデツツガムシ・フトゲツツガムシがひろめている。)

つつがむし病は

  • 頭痛
  • 全身の発疹
  • リンパ節の腫脹
  • 刺し口

の四大症状が有名です。

があります。

 

クラミジア

クラミジアもリケッチア同様に

偏性細胞内寄生をします。

 

リケッチアとクラミジアは偏性細胞内寄生で同じですが、

クラミジアでは「ヒト―ヒト感染に節足動物を必要としない」

という点で違います。

(リケッチアはシラミ・マダニ・ツツガムシなどを必要とする)

クラミジアとしては以下の者が有名です。

  • トラコーマクラミジア
  • オウム病クラミジア
  • 肺炎クラミジア

があります。

トラコーマクラミジア

トラコーマクラミジアは、

性器クラミジア感染症や眼科系感染症を引き起こします。

性感染症クラミジアは、

男性では自覚症状があるため早期発見早期治療ができるのですが、

女性はなかなか自覚症状が出ないため、

ピンポン感染が起きてしまうことがあります。

オウム病クラミジア

オウム病を引き起こします。

鳥類の排泄が原因となりヒトに感染します。

オウムの排泄のみならず、

インコやハトなどの排せつ物からも感染するため、

意外と身近にあります。

 

過程で勝っている鳥が原因になるため、

家族内での集団発生が見られます。

肺炎クラミジア

クラミジア肺炎は、

ヒトを本来の宿主とする

クラミジアです。

 

成人の多くに、この病気に対する抗体があります。

小児や高齢者での発症が多いです。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ