医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

寝ながら勉強のススメ~様々な勉強法がある×睡眠学習

以前「医学生の勉強場所」という記事を書きました。 

www.medudent.com

今回は、僕自身おすすめの勉強場所、勉強方法について書きます。

 

寝ながら勉強のススメ

個人的見解

僕は小学生の時から、机で勉強したことがありませんでした。

イイカンジの机はあったのですが、そこはきれいなままに残っていて、大抵は、床に寝転がって、床で勉強していました。(机に落書きをしており、机は「落書きをする場所」でしかなかった。)

椅子に座ってるのって、なんかだるいんですよ笑(慣れていないからかもしれませんが)

椅子に座り続けるのと、横になり続けるのでは、後者の方が圧倒的に楽ですから、僕は寝ながら勉強しても良いと思うのです。

勉強法

もちろん、数学なんかは、机でやった方が効率が良いですから(紙に書く量が圧倒的に多いため)寝ながらやりません。(塾、学校の自習室等「机で勉強させられる環境」でで数学をした。家では数学など勉強しなかった。)

寝ながらするのは暗記です。

今から書く暗記法は、僕独自の物ですが、すごいです。

 

  1. 覚えたい授業資料・ストップウォッチを準備する
  2. 5分間、できるだけ授業資料を暗記する
  3. 5分間、目をつむる。(覚えた内容を心の中で唱えても良いし、寝てても良い)
  4. 再び5分間、授業資料を見て、「目をつむる前に覚えた内容」を復習する。
  5. 復習を終えたら、そこから5分間、次の範囲の暗記をする
  6. 3に戻り、繰り返す

こんな流れです。流れを具体的に書くと

 5分勉強(範囲Aの暗記一回目)

⇒5分目をつむる

⇒10分勉強(5分間の範囲Aの復習と、更に五分間の新しく範囲Bの一回目の学習)

⇒5分目をつむる

⇒10分勉強

・・・・・・

こんな感じです。

 

「寝ているときに記憶は定着する」という事実と、「分割睡眠」を取り入れた勉強法です。

注)分割睡眠とは、ちょこちょこ睡眠をとることで、最終的に短い睡眠時間で十分になってしまう睡眠法

勉強疲れはありませんし、延々とこれを繰り返すことができます。

睡眠不足を感じているときなどは、「5分間目をつむる」のところを、「10分間目をつむる」にします。

分割睡眠法では15分間以上寝ると、脳が「たくさん寝よう」として、寝起きが悪くなるらしいので、10分までには留めておきます。

一応デメリット

念のためデメリットも書いておきます。

  • (慣れていないと)横になっているだけで眠くなってきちゃう
  • 机で勉強できなくなる
  • 勉強しているように周りから見られず、「勉強しなさい」と言われる
  • 机が物置きになることもある

ちょっと無理矢理デメリットをあげました。正直、僕はこのやり方が、自宅学習では一番自分に合っていると思うので、デメリットはあまり感じません。

何が言いたいかというと

つまり、何が言いたいかというと、「勉強=机でするもの」と考えなくても良いのです。(バスの中で勉強するとかはよく聞きますよね)

自分に合った勉強法、必ずあります。それが分からない時は、とりあえず、僕の「寝ながら勉強法」を試してみてください!個人的にはめちゃくちゃお勧めです。

以上、「寝ながら勉強のススメ」でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ