医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

効率の良い勉強法と効率の悪い勉強法~問題演習vs暗記?反復練習vs集中練習?

今回は勉強の効率について書きます。

例えば、今まで以下のように勉強法をいろいろと書いてきました。

寝ながら勉強のススメ~様々な勉強法がある×睡眠学習

付箋勉強法~ふせんの勉強改革・付箋ノート~スマホ対策 

今回はこのような「裏ワザ」みたいなものではなく、

「暗記という勉強法は効率が良いのか」

「教科書を何回も読むことは効率が良いのか悪いのか」

ということについて、つまり、「勉強法の基礎」について

書いていこうと思います。

効率が高い勉強法

 

  • Practice testing 実践テスト
  • distributed practice 分散学習

この二つが効率の良い勉強法と言われています。

それぞれについて見ていきましょう。

Practice testing 実践テスト

実践トレーニング、例えば、過去問を解く、例題を解くと言った行為は、

「自分の弱点発見」と「思い出し作業の練習」の2つを

同時に行うことになっているのです。

試験中にわかった「弱点発見」は試験の復習により

「弱点克服」につながります。

実践問題を解いていくという事はとても大切なのです。

 

皆さんもないでしょうか。

試験前に授業資料を読んで、いざ過去問を解いてみると、

「あれ、これ勉強した気がするけど覚えてないなあ・・・」

問題を解きながら勉強してみると、

意外とすんなり覚えられたりするものです。

「問題を解く」これは効率の良い勉強法の一つです。

distributed practice 分散学習

反復して練習する際に、各練習の間の時間間隔を比較的長くして行うことです。

この反対が集中練習です。

簡単に言えば、「暗記」、3日で一気に覚えるのではなく、

1日覚えたら2日後に覚えるとか、

そういうことです。

 

  • 「一日に大量の範囲の勉強をすることがダメ」なのではなく、
  • 「1単語を100回連続で唱えるより、1単語唱えたら次に進み、しばらくしたらまたこの単語を学習しに戻ってきたほうが良い」

ということです。

 

中程度の効率の勉強法

  • 語呂合わせ記憶法
  • 自分で授業勉強法

以上二つについて見ていきましょう。

語呂合わせ記憶法

語呂合わせ記憶法はその「ゴロ」が自分になじみがあり、

覚えやすい者の時は極めて効果的です。

ただ、無理矢理に作って、一時的に覚えた物は、割とすぐに忘れてしまいます。

長期的に見れば、distributed practiceで暗記をしたほうが効率が良かったりします。

(一見ごろ合わせも効率よく見えますが、短期的なものになる可能性が高いです。)

「自分で授業」勉強法

「自分で授業」勉強法は昔NHKの番組でも紹介されていました。

「学習内容を、自分が先生になりきって教えることで、記憶を定着させる」というものです。教科書を読みながら「なぜこれはこうなるの?」「それは、これが理由だよ」と自分で問いかけ自分で答えることで、記憶が定着しやすくなります。

 

効率の低い勉強法

  • 教科書を何度も声に出してよむ
  • 本に下線を引く
  • ノートまとめを作る

それぞれについて見ていきましょう。

教科書を何度も声に出してよむ

読むスピードは遅いし、疲れます。

しまいには字面だけを追う事となり、定着しません。

本に下線を引く

「自分が読んだところのチェック」にはなりますが、

はたしてそれが定着しているかはなぞ。

下線を引いていない所に重要ポイントがあるかも・・・

ノートまとめを作る

まとめることに意義を見出しがち。

果たしてそれで覚えられているのか???

効率うんぬんでないところもある

ただ、「効率が悪い」勉強法でも、

勉強の一つです。

「この勉強法が良い」という人も必ずいるでしょう。

人には人の勉強法があります。

自分に見合った勉強法を見つけるべく、

いろいろ試してみてください。

おそらく、「あ、この勉強法面白そうだな」と思ったものが、

自分に見合っていると思います。

勉強法にも楽しみを見つけることが、

勉強を長続きさせる秘訣です。

 

個人的には、寝ながら勉強のススメ~様々な勉強法がある×睡眠学習

は「暗記」「反復練習」「授業勉強法」なんでもできる勉強法だと思っています。

ぜひ有効活用してください。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ