医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

どこで勉強する?~医学部生の勉強場所

勉強場所ー。

いつになっても「勉強をどこでするか?」という問題は大きな問題になります。

家でできる人はそれで良いですが、そうでないひとは、どこに行きましょう?

そんな勉強場所について書きました。

 

好条件

勉強する場所として、

  • 温度調整が十分になされている
  • うるさすぎない
  • ネット環境の有無

このようなところがポイントになるでしょう。

ネット環境はあればよいというものでもなく、僕なんかはインターネットが繋がれば、それで遊んでしまいますから、ネット環境はないほうが良いでしょう。

まず家は出るべき 

まずは、家からは出たほうが良いでしょう。「家」という休む空間にいると、どうしてもグダーっとしてしまいます。

「朝に起きて、身なりを整えて、外に出て、勉強する」この一連の流れを習慣づけると良いです。

気分転換の他にも、他の人の存在のおかげで、がんばれたりもします。(ずっと一人でいると、グダーッとしてしまう)

 

勉強場所は2,3個あると良い

自分のお気に入りの勉強場所は、1つより2つ、2つより3つが良いです。(お気に入りの勉強場所はたくさんあったほうが良いです。)

移動して気分転換する

いくら家から出たとはいえ、同じところでず~~~っと勉強していると、辛くなるときもあります。そんなときは、勉強場所の移動で気分転換ができます。

また、人間には「普段と違う環境下にいるときほど集中する」という特徴があります。

1箇所で勉強し続けるより、環境を変えて、いつもと違う環境ですることも大切です。

使えないとき用に

図書館で長時間の自習が禁止にされたり、塾の自習室がお休みだったり・・・そんなときにも、2,3個勉強場所があると、とても便利です。

逆に、「お気に入りの勉強場所」が複数ないと、もし1つの勉強場所が使えないとなったとき、家でグダグダするはめになります。

具体的にどこがあるか

あるあるの場所

あるあるの場所についてはサラッとまとめます。

図書館
  • メリット:無料・しずか:環境としては良いです。
  • デメリット:席があるか不確定(みんな利用するためすぐ席が埋まる)・会館閉館時間が決まっている・本があるとそちらに流れてしまう
自習室

予備校、もしくは有料自習室など、お金はかかるが、図書館並みの良い環境は得られる

ファミレスなど

たまにうるさい。自習禁止の所も多いし、勉強することは周りに迷惑だったりする。

意外なところ

「あるあるの場所」以外で、紹介するのが

大学の図書館」です。

大学の図書館は意外と、一般の人向けに公開されているところが多いです。

一度、「自分は特定の大学の図書館を使えるのか」「使うとしたらどんなルールがあるか」等、確認しておいても良いと思います。

一応、申しておきますと、大学生は学外の人を見ると「何だこの人は」と視線を送ってくるところもあります。大学の教員等がよくつかっている図書館だと、あまりひと目は気になりませんが、そうでもないところだと、ちょっと大変かもしれません。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ