医学生の解釈(ブログ)

学生が医学部に入って得た視点など。医者の世界をのぞいた非医療人のブログ。

大学生はAmazon prime studentに入るべき

今日は、大学生向けの記事です。

Amazon のprime studentの紹介をします。

一応この記事は、Prime student紹介ページなのでいいところばかりを書きます

ただ、うまい話には裏があるのは当然です。

「どうして、こんなにうまい話があるのか?」については、記事の後半「なんでこんなにサービスが良い?」をお読みください。(目次からとべます)

 

目次

Prime studentとは

簡単に言うと「Amazon primeの大学生版」です。

Amazon primeと言えば、昔の僕なりにはこんなイメージがありました。

  • 「Amazonみたいなオンラインショッピングをたくさん利用する人が、入会してちょっと得するサービス」
  • 「普通の一般人は基本損しそう」

しかし、実際にやってみると違いました!

大学生向けのサービスがたくさんあります!

今回はこのPrime studentの紹介です。 

基本情報

どんなサービスに対してもまず気になるのは

  • サービスの対象者・有効期限
  • 値段
  • メリット

等々です。

今回は、「Amazon prime」と「Prime student」を比較したりしながら見ていきましょう。

対象者

日本国内にある大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生。有効期限は4年間

値段

Prime studentのメリットは、個人的には「値段(年会費)」にはあまりないと思います。

具体的にあげますと、

  • Prime studentの年会費は1900
  • Amazon primeの年会費は3800

色んな紹介サイトで、「半額!すごい!」とか言いますけどたかだか2000円です。(しかも一年間で。)

バイト3時間もしないでこの差は埋まります。(下手したら一時間もいらない)

ただ、年会費は安いことは確かです。(毎月160円ですから。)

加えて無料期間が6ヶ月程度あります。

個人的には、この体験期間中で、Amazon studentに入るか入らないか判断するのはありかなとは思います。

でも、使わないものに1900円払うのはバカですよね。

では、今からPrime studentのメリットを紹介していきます。

メリット

箇条書きは長いので読み飛ばしてください!

  • 書籍10%ポイント還元
  • 映画やテレビが見放題
  • 音楽も聞き放題
  • 書籍・マンガ・雑誌が読み放題
  • 写真を容量無制限で保存
  • プライム商品は送料無料
  • お急ぎ便・日時指定便が無料
  • Prime Nowで1時間以内に配達
  • amazonパントリー
  • タイムセールに30分早く参加
  • amazon mastercardで2%還元

詳しいことは下のページをご覧ください。(記事を読み終えてからにしてほしいですが・・・・)Amazon studentのサービスについてAmazonが詳しく解説してくれています。(サービスの詳細はこのページを見たほうがはやいでしょう)

www.amazon.co.jp

なぜ、こんなリンクを張ったかと言いますと、個別のサービスについていちいち説明する必要は、この記事にはないからです。

僕としては、実体験に基づいた「大学生がより使うサービス」を紹介したい!

ということで、僕がよく使うサービスを紹介していきます。

書籍10%ポイント還元

これは正直大きいです。

たとえば、「医学書等の専門書」など、大学で使う専門書を買う事を考えましょう。

専門書については、1冊1万円を超えるものもざらにあります。

大学の生協では「うちの大学では専門書は、生協の会員の人10パーセントオフ!ぜひうちで買ってください!お得です!」なんて言ってますが、Amazon primeでは専門書以外でも10パーセントオフです。

このサービスも、本に無縁な人には関係ありませんが笑

他にもまだまだ、大学生が使える有能なサービスがあります。

映画やテレビが見放題

これまたでかい。

僕は大学2年生の春休みの3週間で、Amazon Videoのサービスで12本の映画を見ました。(2日に1本映画ペース。まとめてみることが多いが。)

DVD屋さんに借りに行ったり返したりしなくてもいいのがラクです。

でも、最新の映画は見れません!

ちょい昔の映画やドラマです。(全国で放送が終わったころにみれるのかも・・・例えば、2018/2/19現在、2017年の美女と野獣が見れたり。昔の映画でもタダでないものもある。基準は不明。有名な作品や、名作でも見られたり見られなかったり。)

ただ、中学高校と受験勉強にいそしんでいた僕にとって、昔「見たかったなあ」と思っていた映画が、無料で見れるのは非常にありがたいです。

昔見たなあなんて映画も何回でも見れます。

長期休暇中暇なときは、よく利用します。

ただ、映画やテレビに興味がない人にはまた不要。

他のサービスも見ていきましょう。

 

お急ぎ便、日時指定便無料

1人暮らし大学生用のサービスです。

1人暮らしだと、オンラインで買うと、荷物を受け取る日には、1日中家にいなければいけません。

とても不便です。

ただ、Amazon studentは荷物届の日時指定が無料でできます。「今日荷物とどくから一日中家にいなきゃ」という問題は解消します。

また、学校で急ぎ、何か買わなくてはいけない時に、「お急ぎ便」を使えば、次の日には、ほしいものが家に届いたり便利です。

Amazonパントリー

これまた一人暮らしの人用のサービスです。

食品や飲料、日用品やらなんやら、生活に欠かせないものをまとめてネットで買えます。

わざわざ買い物に出向く必要がなくて楽です。

他にも

お薬やサプリメント(プロテイン!)を定期購入したら大幅に割引があったりします。

定期購入しなくても、

「prime商品」なる商品(結構いろいろある)はかなり割引がついたりします。

音楽やタイムセール、データ容量については僕は利用しないのでわかりません。

ただ、かなりサービスはいいです。

なぜでしょう?(怪しい・・?笑)

なんでこんなにサービスが良い?

簡単に言えば「Amazonの顧客の囲い込み」です。

実体験

実体験なのですが、Prime studentは便利すぎます。

僕は昔はネットで物を買うとき、

「Amazonかな?楽天かな?楽天が数十円安いしこっちかな」とか

ちまちましてました。

ここで楽天を選ぶと、一人一人の消費者からすれば、数十円の得ですが、Amazonからしたらそこそこの損です。

これが何回も、何人にも起きれば、大きな損になります。

Amazonはここで、「一人暮らしをし始めて、お小遣いをためたい大学生」に狙いをつけたのです。

損して得とれ

大学生がPrime studentを利用し続けると、Amazon自体は少しの儲けしか生み出しません。(安くたくさんのサービスを提供することになり、もうけが少ない)

運送料を考えると利益はなかったりするかもしれません。

ただ、Prime studentを利用する人々は「楽天」などは使わず、「より安いAmazon」を利用します。

大学生皆がそうなれば、大きな利益にもなります。

そして、「囲い込み」

Amazon TVにどっぷりつかって、大学を卒業したあなたは、

Prime studentでその便利さを知っているため、「Amazon prime会員」になります。

もう二度と「楽天」には見向きもしません。

primeの素晴らしさを知っているからです。

こうして、Amazonは、一時的には多少利益は見込めなくても、将来の巨大な利益を手にするために、Prime studentなるサービスをしているのです。

www.amazon.co.jp

一応僕の解釈なので、他にもいろんな考えはあるかと思います。

個人的には、このwin-winを利用していきたいです。

日本人としては日本企業楽天さんの発展にも貢献はしたいですが。ぜひ、下記のページ一度は見てみてください!

www.amazon.co.jp

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 医大生へ